旅行

JCBザクラス改悪でディズニーランドのクラブ33に入れなくなったというが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

東京ディズニーランドには秘密の会員制レストランがある

東京ディズニーランドに秘密のレストランがあるのを知っていますか?

まあ知っていても、会員制レストランなので普通の人は入れないんですが。

スポーンサー企業のお偉いさん、ディズニーに土地を提供した地主さん、漁業権を提供した関係者さんなどしか会員になれないとの噂です。

新規会員は募集してないらしく、油田を持っている大富豪さんやビットコインで儲けた成金さんが「入れてよねぇー」とかいっても入れてくれない会員制レストラン、なんだか魅力的ですよね。

といっても、今の時代、SNSやブログで行った報告がたくさんあるので、疑似体験できます。それを見ると、古いヨーロピアンな重厚な内装でとっても雰囲気が良さそうです。ディズニー色かというとお城って意味ではディズニーっぽいかな。

食べ物は、普通のコース料理って感じでした。ディズニーだけにミッキーの耳の形にしてあったり、楽しめる感じではありますが、すっごく高級で食べてみたいかというと個人的にはそうでもないかなという印象でした。

こんな風に素人に思われるのが会員の怒りを買ったのか、実は4月に、このレストランの入場をめぐり、たいへんな改革が行われていたのです。

クラブ33(CLUB33)の魅力

さて、この会員制のレストランの名前は「クラブ33」といいます。

ネット社会なので公然の秘密となっているこのレストラン「クラブ33」は、ワールドバザール内にあります。扉のインターホンを押すと中から開けてくれるのだとか。もちろん予約がないと入れてくれませんが。

では、クラブ33の魅力とはなんでしょうか?ネットで調べた利点をまとめてみました。私は会員じゃないので噂の域をでてないかもしれませんが。

駐車場も特別

クラブ33に予約してある人が車で行くと駐車場は特別に入り口に近い場所に停められるようです。広い駐車場を考えるとものすごい利点かもしれません。

アルコールが飲める

クラブ33は、ディズニーランドにおいて唯一アルコールの提供があるレストランだそうです。わざわざディズニーでお酒を飲む理由はわかりませんが、接待なら良いのかもしれませんね。

パレードがゆったり見れる

レストランは2階にあり、広場に面しているので、パレードを上から楽しめるそうです。混雑の中、前もって場所取りをしなくてもよいし、上からなので写真に人がうつりこまなくて良いですね。

ゆったりできる

混雑時は、どこのレストランに行っても待たされます。下手すれば1時間以上の列ができています。そんな中、予約してあって、ゆったりと食事できるというのは特権ですね。

グッズが買える

クラブ33だけで得られるグッズがあるようです。ディズニーマニアならほしいかもしれません。

特権というのが人の心をくすぐる

クラブ33の魅力はたくさんあるかもしれませんが、普通の人は入れません。でも、そういわれると入ってみたくなるのが人情ですね。

単純に考えるとディズニーランドを楽しむなら、そんなところに入らなくても良いですよね。地方から行ったら時間の無駄でしかありません。それに、実際に美味しいレストランやゴージャスなレストランは東京にはたくさんあります。

が、他の人と違う体験というのが良いんでしょうね。社会学的に人よりも得することで人は優越感を覚え満足するらしいです。

JCBザクラスで以前はクラブ33には入れた!

JCBザクラスとは?

以前は、そんなクラブ33にJCB会員が入ることができたんです。JCBはディズニーランドのスポンサーにもなってますもんね。

じゃ、俺のJCBカードで入れたのか!というとそういうことではありません。JCBカードにも序列があり、その最上級カードのJCBザクラス会員が入ることができたんです。

じゃあ、JCBザクラスに入ろうと思ったあなた、年会費5万円以上払えますか?

5万円が払えるという人でも、JCBザクラスはインビテーションがないと会員になれないブラックカードなのです。といいながら、インビテーションがなくても突撃といっていきなり申し込んだり、医者などの特定の集団に申込書はばらまかれていたそうです。

でも、クラブ33は新規入会を募集してないですので、JCBザクラス会員になるほうが簡単ですね。クラブ33を目当てにJCBザクラスを申し込んだ人も多かったと思われます。

メンバーズセレクションの中にクラブ33があった

JCBザクラス会員には、1年に一回プレゼントがもらえるサービス「メンバーズセレクション」があります。何年か前までは、このメンバーズセレクションの中にクラブ33での食事券があったのです。

ただ、秘密にしていたはずなのに、2ちゃんねるでささやかれるようになり、ブログなどで公開する人がでてきて、JCBザクラスでクラブ33に入れると知られるようになっていきました。

JCBザクラスでクラブ33には入れない

当然、クラブ33に入りたい人は多く、情報が流れたためかJCBザクラスの会員は増えていったようです。

そのうちJCBザクラス会員のメンバーズセレクションでクラブ33を希望する人が多くなってきて、クラブ33のキャパを超えたようです。

ある年からメンバーズセレクションで必ず行けるということがなくなりました。抽選になってしまったのです。

それでも希望が多すぎたのか、その後、メンバーズセレクションからも外れ、別枠での抽選になりました。事務作業が多大になったんでしょうね。ネットを見ると、かなり当たらなかった人が多いようで、倍率は高かったようです。

そして、今年度になり、ザクラス会員へのクラブ33へのルートは断たれました。抽選もなくなり、クラブ33へのサービスがなくなったのです。

JCBザクラスとクラブ33の今後

ネットでは、“一度も当たらなくて行けなかった”というザクラス会員の嘆きの声であふれています。

今後、クラブ33狙いだったの人はJCBザクラスを解約するでしょうし、入会する人も激減するのではないでしょうか。裏を読めば、JCBザクラス会員が減って、サービス再開かもという希望もあるとは思います。でも、噂では、クラブ33から苦情があったんじゃというのもあって、再開は厳しいのではという意見もあります。

一部のJCBザクラス会員の自業自得か?JCBの策略か?

まず、こうなってしまったのは何故なのでしょう。

まず、JCBザクラス会員の誰かが秘密のはずのクラブ33情報を漏らしてしまったことがあるかと思います。それによって、自分達がいけなくなってしまったので自業自得ということになるでしょう。まあ、自慢したくなるのはわかりますが。

しかし、それによって申込希望者が増えたとしても、JCBが厳密に入会制限をしていれば、こういう事態にはならなかったのではと思います。

もともとは、40代で年収1800万円くらいのイメージだったJCBザクラスのようですが、どうもそれ以下レベルの会員にも発行しているように思われます。

まあ、年会費5万円のカード会員が増えれば、儲かるから新規を増やしたいのはわかるような気がしますが。

仮にJCBザクラス会員を増やしても、新規の会員まで同じ扱いでクラブ33への招待をしなければ良かったという意見もネットにはありました。

私が最も納得した意見は、“JCBに貢献しているお得意様だけを招待すればよかった”というものです。ポイントを使う方法だとか、グレードが高い年300万円以上を使うロイヤルα会員を数年すれば応募できるといった意見なのですが、全員が納得するのではないでしょうか。

まあ、すでに時は遅いのですが、JCBが来年以降のクラブ33関連のサービスを検討していることをザクラス会員は祈っているのではないでしょうか。

それでもJCBザクラス

クラブ33に入れなくなったJCBザクラスは解約すべきなのでしょうか?

正直、クラブ33だけが目当てならJCBザクラスは解約するしかないです。でも、ザクラスは、JCBの最上級カードだけあって、いろんなサービスがある魅力的なカードではあります。

たとえば、空港ラウンジに入れるプライオリティパスが付いています。他の上級カードにもついているよ!と思うかもしれませんが、実は、JCBザクラスは本会員だけでなく一人だけ連れの人も入れるプライオリティパスなのです。

マイル修業したSFC会員は、空港ラウンジ使えるから要らないというかもしれません。でも、複数のラウンジを選べるのは、ゲートの近さ、混雑、料理の種類などで有利かと思います。

メンバーズセレクションもクラブ33がなくなっただけで、他に2万円相当くらいのプレゼントがもらえます。

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのアトラクションのラウンジはまだ使えるようです。暑い中、ゆったりドリンクを飲める休憩ができて、アトラクションに優先搭乗できるのは、ディズニーファンにとっては嬉しいサービスですね。これだけでも、JCBザクラスを持ち続ける理由になるのではないでしょうか?

他にも、ディズニーホテル優待もあり、ディズニーファンならJCBザクラスを手放したりはしないかもしれませんね。

グルメベネフィットは、他の上級カードにもあるサービスですが、高級レストランが半額近くに割引になります。コンシェルジュサービスなんかもあり、思いついたら、旅行などの相談ができるようです。

海外旅行傷害保険は、疾病治療1000万など十分な額であり、別でかけなくても良いくらいです。

サービスはこのほかにもありますし、入れ替わりもありますが、利用すれば年会費のもとはとれるのではないでしょうか。

JCBザクラスのライバルカードに変えるなら

JCBザクラスを解約したら、どのクレジットカードを使うかという問題がでてきます。

では、どのようなカードを使えばよいのでしょうか?

アメックスプラチナ、アメックスブラック、ダイナースプレミアムなんかが有力と言われていますが、本当にそうでしょうか。

私は、ANAカードやJALカードのような航空会社のマイルが貯まるカードにシフトする人が多いのではと思います。場合によっては、ホテル系のカードもあるかもしれません。

特に、すでにJGCやSFCという航空会社上級会員ステータスを持っている人なら、そっちにまとめたほうが会費節約になりますよね。

ふるさと納税を多くしている人なら、間違いなく楽天カードも持っているでしょうが、ザクラスを使いたいという人は楽天カードは外では使わないかな。楽天プレミアムならありかもしれませんが。

ちなみに、いろんなふるさと納税サイトでアマゾンポイント還元なんてありますが、実際には楽天ふるさと納税がお得だと思います。楽天カードを作って、500円だけ投資をしたうえで、お買い物マラソンでまとめて何か所もふるさと納税すれば、泉佐野市の20%還元どころではないです。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る