園芸・畜産

しいたけ栽培 第二ラウンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

いざ、第二ラウンドへ

約2週間の休養を経て

昨年のクリスマスからお正月休みにかけて楽しんだ、「もりのしいたけ農園」でのしいたけ栽培。

関連のブログ記事はこちら

無事に1回目の収穫がすべて終わり、栽培ブロックの休養期間に入っていました。
栽培ブロックの休養期間でも、ブロックが乾かないように表面を湿らせ続けていました。

そして、休養期間2週間と3日。しいたけ栽培第二ラウンドを開始することにしました。

浸水作業

栽培方法パンフレットに従って、第二ラウンドを開始しますよ。

まずは、休養させておいた栽培ブロックを浸水させることから始めるようです。
しいたけブロック全体を水に浸けて、8時間~15時間待ちます。
バケツなどを使うといいのでしょうが、手ごろなバケツが無かったので、我が家はしいたけの栽培容器を使うことにしました。

栽培ブロックを横に寝かせて、栽培容器にお水をなみなみと入れ、浮き上がってこないようにお皿+おもりで蓋をしました。

待つこと約12時間。
浸水作業が終わった栽培ブロックはこんな感じでした。

表面を湿らせていただけの時より、水を含んでずっしりと重たくなっていましたよ。

栽培容器の水を捨て、その中に栽培ブロックを鎮座させ、セッティング完了です。

しいたけ栽培 第二ラウンド1日目

第一ラウンドの時と違い、全く変化がない第二ラウンド初日です。
本当に再びしいたけが育ってくれるのかな?

なんだか、栽培ブロックの下の方(写真黄色の線より下)に水分が溜まっているような・・・?気のせいか、色が濃くなってる気がしますが、まぁ、乾燥してしまうよりはいいということで。

しいたけ栽培 第二ラウンド2日目

う~~~~~ん。

やっぱり、目に見える変化はないですね。
初回、しいたけが箱を開封した直後からもりもり生えて来てたので、この状態には不安を感じます(笑)。
ちゃんとしいたけ生えて来てくれるかな?

しいたけ栽培 第二ラウンド3日目

この日も特に大きな変化はなしでした。

しいたけ栽培 第二ラウンド4日目

この日も、特に変化はなし

かな・・・・と思ったのですが!!!
なんと!ついに!

ちびっこしいたけが生えてきました~~。
やった!

しいたけ栽培 第二ラウンド5日目

昨日発見されたしいたけは、順調に成長しています。

が。
他がまったく生えて来ていません。
まさか、今回の収穫はしいたけ1つになる・・・なんてことはありませんように。

しいたけ栽培 第二ラウンド6日目

唯一出てきたしいたけは、順調に成長しています。

ですが、やはり他のしいたけは見当たりません。
うううん・・・不安。
1つでもしいたけが出てきたということは、休養と浸水作業は間違ってはいなかったはずなんだけどなぁ。
早く他のしいたけも出てこ~~い。

しいたけ栽培 第二ラウンド7日目

日ごとに大きくなるしいたけです。

でも、やはり、一個だと栽培容器には全く結露ができません。

一人っ子は伸び伸びと育ちますねぇ。

しいたけ栽培 第二ラウンド8日目

栽培容器の蓋を取らずともわかる成長っぷりです。

スクスク育つとは、まさにこういう状態のことを言うんだろうなと実感する育ちっぷりです。

このしいたけなら、いい値が付くんじゃないかってくらい、美しいしいたけですよ。

第二ラウンド 初収穫

栽培8日目で収穫することを決意

すくすく育ったしいたけ。栽培8日目に食べごろと判断し、収穫することにしました。

夜に収穫したのですが、朝とった写真と比べてまた成長したのがわかります。
キッチンバサミを使って収穫すると

直径約8cm

厚さ約3cm

重さ約50g(石づきを除く)

という、本当に立派なしいたけでした~!
1個ですが(笑)。

もちろん、夕食に美味しくいただきましたよ。

オーブントースターで焼いて、生姜醤油をかけて。
シンプルな調理法ですが、しいたけの美味しさがダイレクトにわかりました。
肉厚で、噛み応えも抜群でした。
ごちそうさまでした~。

そして再びの沈黙へ

しいたけ栽培 第二ラウンド9日目

栽培8日目に、大層立派なしいたけを収穫できて喜び溢れていたのですが・・・その後は再びの沈黙。

小さな芽すら出てきていません。

これは、一定期間様子見ですね。

と、いうことで、しいたけ栽培実録は続く予定!です。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る