旅行

クスコ(ペルー)で高山病にかかる前にマチュピチュに移動しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
クスコからマチュピチュへ 高山病の予防
       

クスコは、アンデス山脈中にあるペルーの都市です。
マチュピチュへの玄関となる都市として知られていますが、標高3400メートルにあるため、高山病になる人が大勢います。
高山病の予防薬なども大切ですが、マチュピチュにすぐに行ってしまうと標高2500メートルまで、下れるので楽になれます。


ペルー旅行に行くならクスコで高山病にかかる前にマチュピチュに移動しよう

ペルーのクスコ

ペルーの都市で、マチュピチュへの玄関口となる空港があるため、多くの観光客が訪れます。
しかし、アンデス山脈の中にあるため、標高3400mとなっており、高山病の危険性がある都市です。

マチュピチュが有名ですが、クスコも大変きれいな都市であり、インカ帝国の首都であったこともあり、街自体が世界遺産になっています。
インカ時代「戦士の広場」として知られたアルマス広場をはじめ、スペイン人の征服の後に布教のために建てられた大聖堂や教会が主な観光スポットです。
当時の技術水準がわかる剃刀も入らない精巧な石組みの12角の石も有名です。

観光客の主要ルート

観光客の主要ルートは、ペルーの首都リマからクスコに移動して、マチュピチュに向かいます。
バスもありますが、長距離であり、時間の確実性もないため、時間がない旅行者は飛行機を利用します。
クスコは、標高3400メートルですので、高山病の危険性があります。
飛行機はもちろんですが、バスでも高山病を逃れられることはありません。
少しでもリスクを減らすなら、途中の標高2300メートルのアレキパに立ち寄ってみるのも良いと思います。
直接、リマから向かうのであれば、十分な対策をしておかないと、高山病で苦しむことになりかねません。

高山病とは

高山病(altitude sickness)とは、約2400メートル以上の高山に登り、酸欠状態なった場合おこる状態です。
最近では、高度障害と呼ばれることもあります。

高山病の症状

主な症状は、頭痛、吐き気、嘔吐、眠気、めまいです。
低圧と消化器官の機能低下からくる放屁、眠気やあくびなども高度によるものの可能性があります。
手足のむくみ、睡眠障害、運動失調が見られることもあります。

高地に到着後6時間~12時間後に始まり、数日以内に症状は自然消失することがほとんどです。
しかし、重症の場合は、脳浮腫や肺水腫を起こし、死に至ることもあります。

高山病の予防と治療

高度が3000メートルを超えると大気中の酸素分圧が3分の2程度になってしまい、体内の酸素濃度は、それ以上に減るそうです。
正確に測るなら、パルスオキシメーターを持っていくのもありかもしれませんが、旅行にはやりすぎかもしれませんね。

調べていたらキティちゃんのパルスオキシメーターがありました。
接骨院でも、冷却時の血流低下発見のために導入してみようかな↓

【在庫処分】OXiM オキシリオ キティ S-118 パルスオキシメーター 1台

感想(1件)

順応・高所順化

ただ、人間には順応能力がありますので、ゆっくりと高度を上げれば高山病にかかりにくくなります。
クスコに行く前に、2300メートル程度のアレキパで数日過ごすのも悪くないかもしれません。

高地に移動した日に、すぐには休憩せず1時間弱歩きまわることで、人体の高所順化を促すことができると言われています。

ダイアモックス(アセタゾラミド)

時間がない旅行者は、そんなのんびりした旅行はできません。
心配な場合は、予防薬を飲んでいくと良いと思います。
一般的に言われているのは、ダイアモックス(アセタゾラミド)125mg1日2回の服用が進められています。
ダイアモックス上は250㎎が1錠ですので、半分に割って飲みます。
ただ、間違えて1錠まるまる飲んでしまっても心配いりません。
ダイアモックス1錠250㎎を一日2回飲む予防方法もありますし、緑内障患者の場合はそれ以上に飲むこともあります。
ただ、予防薬というとマラリアの薬のような激しい副作用を考えてしまいますが、これもあまり心配らないようです。
副作用には、利尿作用や手足のしびれが知られています。
腎臓が悪い人は使えないですし、ダイアモックスの成分であるアセタゾラミドはスルフォンアミド化合物であるため、サルファ剤にアレルギーのある方の服用は止めた方が良いです。
カリウムが排出されてしまうので、アスパラKなどカリウム製剤を使うか、カリウムが豊富な果物をたくさん食べると良いと思います。

ダイアモックスは、現地でも売っているようですが、それでは遅いので、事前に手に入れると良いですよね。
ただ、日本国内では、医師の処方がいる薬であり、薬局では手に入りません。

マチュピチュに移動

高山病は、高地に到着後6時間~12時間後に始まります。
逆に言えば、この間に低地に下りれば、発症することもありませんし、最悪死ぬこともありません。
クスコに到着後、すぐに標高2500メートル程度のマチュピチュに移動すると高山病にかかりにくくなります。
クスコの観光は、マチュピチュで高度に順応してからにすると楽なはずです。

イチョウの葉エキス

イチョウの葉エキスが急性高山病予防に効くという報告があります。
これなら、サプリメントで売ってますが、どれくらい効くかはわかりません。

コ力茶

現地では、高山病の予防にコカ・コーラの材料であったとも言われるコ力の葉を使ったお茶が飲めます。
名前的にも、危ない感じがしていて観光客に人気があります。
ただ、危ない成分はほぼないようなので、そっちに‘トリップ’してしまうことはないようです。

まとめ

ペルー旅行メインのマチュピチュの玄関口クスコは、標高3400メートルと高山病を起こしやすい環境である。
予防薬を内服するのも良いが、その日のうちに、標高が低いマチュピチュに移動するのも良い。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る