未分類

今年のヒノキ花粉は400倍強烈凶悪!なんでこんなに多いんだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ヒノキの花粉
       

最初は、400倍と聞いて、間違えじゃないかと思った人も多いと思います。
小数点がついてないか、探した人もいるかと思います。

ヒノキの花粉の話です。

ヒノキの花粉量は、昨年の400倍。

今年の花粉は、強烈、凶悪、激烈ではないですか?

今年は・・・
いつもは薬を飲まなくても大丈夫なのに・・・
市販のでも大丈夫なのに・・・
こんな言葉を何度聞いたか。
例年は、ひどくない人も、今年は、重症って人が多いですね。
それに、今年から発症したという人も多いです。

木材の需要が多かった時代に、大量に植林されたスギやヒノキが、現在、花粉をとばす時期に来ているのです。
ですので、毎年、花粉が増えています。
特に、今年は雨が少ないので、ヒノキの花粉は400倍と多くとんでいます。

花粉症のバケツ理論

なぜ、花粉症が発症するか?
難しい理論は置いといて、簡単に「バケツ理論」を説明します。

人間には、花粉に対する耐性があって、それが「バケツ」に例えられます。
そのバケツに、花粉がどんどん入っていって、とうとうあふれると花粉症を発症します。

バケツの大きさは、人それぞれ、でも、いつかはあふれます。
ですので、誰もが、花粉が飛んでいる時には、対策しておいた方が良いと思います。
むしろ、花粉症を発症してない人の方が、気をつけたほうが良いと思います。

どうして花粉症患者は、都会に多いのか?

都会には、スギやヒノキの木は、ほとんどありません。
ですが、都会の人たちも、花粉症を発症します。
というより、都会に来てから発症する人が多いような気がしませんか?

ちなみに、花粉がとぶ県と言えば、
一位が茨城、そして、群馬、栃木、三重、静岡と続きます。
三重県も、4位と多いです。
でも、子供のころから、花粉症に悩んでいる人は、あまりいなかったような気がします。

では、なぜ都会で花粉症を発症するのか?
いくつか理由があります。

花粉は、100キロ以上飛びます。
ですので、東京の都心部などでも、花粉は飛んでいるのです。
そして、都会は、地面が舗装されている面積が多いので、一度落ちた花粉が再度舞い上がります。
地面に近い部分で、花粉が飛んでいるので、人が吸い込みやすくなります。

都会でも花粉が飛ぶのはわかりますが、どうして都会に患者が多い気がするのでしょうか?

まずは、人口が多いので、多いような気がするというのも一つの考えです。
ですが、都会にでてきた田舎の人たちが次々に発症します。

先ほどの「バケツの理論」で、花粉があふれだしたというのも、一つの考えです。
しかし、それであれば、田舎の人たちも、次々に発症していくはずです。

都会で、花粉症が発症するのは、大気汚染が関係すると言われています。
大気汚染物質が、花粉症を起こしやすくなると言われています。
大気汚染物質が、花粉につくと、花粉症を起こしやすくなるのです。

こういう物質の事をアジュバント(抗原性補強剤)と言われます。
ワクチンなどに利用されています。

まとめ

花粉は年々増えています。
今年のヒノキの花粉は、400倍。
花粉に暴露される量が一定量に達すると花粉症を発症します。(バケツ理論)
ですので、発症している人はもちろんですが、発症してない人も対策しましょう。

花粉症の予防薬治療薬は4種類以上、早めの対策が症状を緩和する

花粉症が絶対に治る治療は世界一周旅行にでることだった

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る