教育

英語絵本Pinkalicious~Puptastic!は多読や英語育児におすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

Pinkaliciousはとってもかわいく英語学習や多読に最適

今回は、ピンクのかわいい一冊の紹介です。

Pinkalicious: Puptastic! (I Can Read Level 1) (English Edition)

私は、この絵本をYahoo!オークションで手に入れました。表紙の裏には、英語で女の子の名前が書いてありました。

おそらくアメリカの女の子が読んだ本がまわりまわって、日本の私のところにきたようです。2014年の本だから、その子はおそらく思春期くらいかな。どんな子に育っているのでしょうか。

題名のPinkaliciousやPuptasticをはじめ造語が想像をかきたてる

まず、題名のPinkaliciousやPuptasticって意味が分かりませんよね。
多読だとやってはいけないことになっているみたいですが、辞書をひいてみましたよ。だって、興味なかったら読まなくても良いというのも多読なので、どういう本なのかなと思ったから。
ネット辞書には、そんな単語はありませんでした。当たり前です!造語ですから。

まず、Pinkaliciousは、主人公の女の子の名前ですが、おそらくPinkとdeliciousからきてると予想されます。この物語はシリーズになっていて、シリーズ最初の絵本「Pinkalicious」は下のアマゾンのリンクで少し読めるのですが、それによると、ピンクのマフィンに対してピンカリシャスと言ってますので、おそらく「ピンク+おいしい」という意味で間違いないかと。ちなみに、女の子がピンク色のマフィンを食べたら、体がピンクになってしまったという話です。

Pinkalicious

Puptasticは、おそらくpuppy(子犬)+ファンタスティックですよね。
他にも、絵本の中に、pinkabulusやpinkoodleってものでてきました。さて、これは何でしょう?見ただけでもわかると思いますが、絵本を読めばはっきりします。
この作品の造語は、ピンクと他の文字をくっつけたものなので、その単語を考えるのも楽しみの一つかもしれません。造語でありながら、語彙力がつくかもしれませんね。

Pinkaliciousはシリーズもので大人気

このPinkaliciousは、シリーズ物です。2006年に最初の「Pinkalicious」が出版されたのち、今では、およそ40の物語があります。
Goldilicious,、Silverlicious、Emeraldaliciousなど、他の色バージョンもあります。ただ、「Puptastic」だけでなく、Pinkalicious and the pink drinkなど、ほとんどはPinkaliciousを銘打った絵本です。
そして、大人気ですので何冊も入ったセットなども売っています。
好きになれば、このシリーズだけでたくさん読めて、英語育児や多読に良いですね。もちろん、一冊だけ単独で読んでも楽しめます。
また、ミュージカルやDSのソフトなんかもありました。ミュージカルは今しているかどうかは知りません。

作者ビクトリア・カンVictoria Kannの娘たちから生まれたピンカリシャス

このピンカリシャスの作者は、イラストレーターでもあるVictoria Kann氏です。このピンカリシャスの絵本は実生活での娘たちから発想を得ているとのことです。娘たちはカップケーキが大好きで、着飾ったり、お姫様になったり、ピンク好きだったり、まさしく、ピンカリシャスですね。
彼女の夫は、おもちゃデザイナーで、ピンカリシャスのためのツリーハウスなんかを作っているそうです。

英語絵本Pinkalicious Puptastic のレベルは1~多読にも最適

この絵本のレベルは、I Can Read!の BEGINNING 1です。
このレベル1は、「Simple sentences for eager new reader 」という分類になります。一文が短く、とっても読みやすくなっています。

1ページ目だけ見ても、We are going to take care of a puppy. →be going toとtake care of
The Razzles →ラゼル家
などなど、特にこのピンカリシャスは、文法や単語は重要なものになっていて、非常に読みやすいです。

大人の多読だけでなく、小中学生が楽しみながら文法や単語を覚えるのにも良いかもしれません。
AMAZON.comのレベルでは、対象年齢は4~8歳となっています。ただ、レビューなどをみると、読み聞かせの場合2歳くらいから楽しめるようです。
Grade Level: Preschool – 3
Lexile Measure: 500L
DOGObooks では、「Interest Level」がGrades K-3 「Reading Level」がGrade1-3 「ATOS」が2.1 となっていました。

ページ数は32ページで文字数は543字

多読で気になるのが字数だと思いますが、この絵本は543字となっています。ページ数は32ページです。

ちなみに、ISBN-10: 0062187856、ISBN-13: 978-0062187857です。

Pinkalicious: Puptastic! (I Can Read Level 1) (English Edition)

上のアマゾンのリンクで「なか見!検索!」できます。ちょこっと覗いてみて、楽しそうなら読んでみるのもありじゃないでしょうか?

女の子だけではない

一見、ピンクだし女の子向けのようですが、アマゾンなどのコメントを見ると男の子でも興味を持って読んでいるようです。

たしかに、男の子でもシンデレラとか白雪姫とか読みますもんね。

公式ページにも、弟ペーターもいるし、男の子にも好かれているよと書いてありました。

英語絵本Pinkalicious~Puptastic!のあらすじ

ここからネタバレです。といっても、本の背表紙にも同じようなことが書いてありますし、アマゾンの本の紹介にもかいてありますので、めちゃめちゃネタバレというわけでもないです。

ピンカリシャスの家にピンキーという犬が1週間やってくることになりました。ピンカリシャスはいろいろ一緒に遊ぶのを想像しますが、実際はとってもシャイな犬で慣れてくれません。ピンキーはお風呂が好きでした。でも、バスタブに入っているときにママのピンクボトルをこぼしてしまいます。ピンクになったピンキーはとってもハッピー。ピンカリシャスと一緒に遊ぶようになりました。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る