こた堂ブログ

ガジェット、健康、通販、家庭菜園など

教育

【英語多読】「Biscuit’s New Trick」を子どもに読みつつ自分の英語の勉強も

投稿日:

英語絵本Biscuitシリーズの「Biscuit’s New Trick」

英語絵本Biscuitシリーズを、子どもと一緒に読み始めてこれで4冊目になります。

Biscuit’s Neighborhood: 5 Fun-Filled Stories in 1 Box! (My First I Can Read)

今まで読んだ3冊はどのお話を読んでも、特にわんこを飼っている人は心が穏やかになるものばかりなので、我が家では気に入っています。
もちろん、わんこを飼っていない人にも、いいお話ですが。

この絵本も、I Can Read BooksのSHARED READING(MY FIRST)レベルとなっています。
I Can Read Booksの事や、レベルについては、こちらの記事を参照してください。

Biscuit’s New Trickのあらすじ

この絵本の登場人物(犬)は、Biscuitと飼い主の女の子だけです。
女の子がBiscuitに新しい技を教えています。

取っておいで!
Biscuitはボールを取ってくる遊びをしたくありません——ボールが泥の水たまりに落ちるまでは。
その後は、Biscuitは新しい技を披露するのが待ちきれません!

英語で書かれたあらすじには、ちょっと聞きなれない単語や、イディオムが含まれています。

Fetch!

Fetchとは、わんこに使うと「何かを取って持って帰ってくる」技になります。
Fetchは動詞で、もともとの意味は”取ってくる”というものです。
わんこに”Fetch”と言うと、”取っておいで”という技のコマンドになります。

Biscuit can’t wait to show off his new trick

この1文では、can’t waitという英語でとてもよく使われる表現も出てきます。
日本語に訳すと、”待ちきれない”とか、”楽しみ”といった感じでしょうか。
I can’t wait to see you=あなたに会うのが待ちきれない
とか、
何かに対する返事で、Can’t wait!=楽しみだ!
というように使われます。

次に、show offですが、これは”見せびらかす”とか”披露する”という意味になります。

最後にtrickですが、”いたずら”の意味もあるのですが、今回の場合はBiscuitが新しく身に着けた”技/芸当”となります。

なので、Biscuit can’t wait to show off his new trick.の日本語訳は
Biscuitは新しい技を披露するのが待ちきれない
となるのですね。

ふぅ、あらすじを訳すのも大変です(笑)。

Biscuit’s New Trickのページ数&語数

Biscuit’s New Trickのページ数は24ページで、語数は133語です。

出てくる英語の難しさ

毎回言ってしまいまっていますが、英語自体は難しくありません。難しい単語はほぼ出てきませんからね。

出てくる主な文法は

  • 命令形(否定形も含む) 
  • 関係代名詞のwhat 
  • 疑問詞 
  • 現在進行形

です。

最初のページから
Look what I have.
という、命令形と関係代名詞のwhatが入った文章が出てきます。
命令形のLookはいいとして、問題は関係代名詞のwhatですよね。
このwhatは、”~する事/もの”と言う意味なので、whatの後ろに続くI have(=私が持っている)と合わせて
what I have=私が持っているもの
と言う訳になります。
ですので、
Look what I have は、私が持っているものを見て
という日本語訳になります。

この絵本の中で、一番難しい英文はこれだと思います!

これさえクリアできれば、あとは簡単ですよ。

疑問詞と現在進行形も同じ文章の中に出てきます。
Where are you going, Biscuit? = どこに行くの、Biscuit?

今回のお話は、女の子がBiscuitに技を教えるので、命令形が多く使われています。

Fetch the ballや、Get the ball(どちらも”ボールを取ってきて”という意味)など、一般的な命令形もあれば
Don’t roll over now!(今はゴロンゴロンしないで!)という、禁止を表す命令形や
Let’s try again!(もう一度挑戦しましょう!)という、勧誘の命令形など、
幅広い命令形がお話の中にちりばめられています。

日常生活で、ついつい使ってしまう”Stop!”も出てきます。
これは、この絵本を読む前に覚えてましたね(笑)。

我が子の反応

我が家のわんこ達も、この技ができるので、読み聞かせをした時には
あーーーー!これ、(我が家の)わんこもできるーーー!
と、反応していました。

ちなみに、自分もできる!と自慢もしてましたが(笑)。

自分の生活とリンクしているお話だったので、すごくテンションが上がっていましたね。

-教育

執筆者:

関連記事

キュボロCuboro創造力が広がる知育玩具キャッスルラビリンス。口コミレビュー

幼少時から知育玩具を与えることで天才が育成可能? 2017年に引退するまで最高齢現役、その他にも最高齢勝利、最高齢対局、現役勤続年数、通算対局数など将棋界における数々の記録を保持している加藤一二三九段 …

ベーコンは野菜?5歳児への質問からわかる子供の肉と野菜の概念の曖昧さ

目次1 大人にとっては驚く研究結果が発表された1.1 ホットドッグやベーコンが野菜と思っている子どもが40%?1.2 どういう調査だったのか1.3 調査結果1.4 我が子はどうなのか気になったので質問 …

【英語多読】Bam and Kero Go Flying英語版バムとケロのそらのたびを読んでみた

目次1 Bam and Kero Go Flyingとは?1.1 日本の絵本なので取りつきやすい1.2 語数やページ数と難易度1.3 バムとケロの作者は、島田ゆか氏1.3.1 バムとケロはシリーズもの …

【英語多読】英語絵本Biscuitを子どもに読みつつ自分の英語の勉強も

目次1 そうだ、英語多読を再開してみよう2 I Can Read Booksとは2.1 I Can Read Booksのレベルは6つ2.1.1 INTRODUCTION TO READING (MY …

すごいぞ!日本の研究者!15年連続でイグノーベル賞を受賞

目次1 今年も日本の研究者がイグノーベル賞を受賞!1.1 日本の研究者が「動力学賞」を受賞2 そもそもイグノーベル賞とは?2.1 ノーベル賞のパロディ版?2.2 イグノーベル賞の賞は多岐にわたる3 日 …

検索

関連記事

カテゴリー

スポンサードリンク
error: Content is protected !!