未分類

近鉄オリジナル鉄道グッズ パート3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
kintetsu
       

知っていましたか?近鉄オリジナルグッズ パート3

さて、少し間が空いてしまいましたが、今回やっと近鉄グッズ紹介のパート3になります。

以前の記事では、近鉄特急運転開始70周年記念のグッズ、観光特急しまかぜ運転開始5周年のグッズ、「青の交響曲(シンフォニー)」グッズを紹介しましたが、今回はそれ以外に発売されているグッズを紹介したいと思います。

・生駒ケーブル「ブル」・「ミケ」合皮キーホルダー 生駒ケーブルのキャラクター、「ブル」・「ミケ」をデザインしたキーホルダーです。ブルは水色、ミケはピンクで、どちらも表面にはキャラクターが印刷されており、裏面にはブル、ミケの名前が印刷されていると共に、自分の名前を書くスペースがあります。価格は各500円で、生駒ケーブル鳥居前駅での販売です。

・さくらライナー25周年クリアファイル さくらライナー25周年を記念したクリアファイルです。白地のファイルにさくらライナー4両と桜のイラストが印刷されています。価格は300円で、京都、橿原神宮前、津の各営業所での販売です。

・Bトレインショーティー アーバンライナーnext(4両セット) まず、「Bトレインショーティー」とは車両のリアリティはそのままに、長さの方向をショートカットした接着剤不要の組立式のマスコットモデルのことを指します。このアーバンライナーのBトレインショーディーでは、2003年にデビューしたアーバンライナーnext(21020系)の特急車両の1号車・2号車(5号車)・3号車・6号車の4両セットです。そのうえ、スペシャルパーツとして4号車の側面・屋根の部品が付いてきます。2つ以上買えば、実際のアーバンライナーnextと同じ6両編成を再現することが可能です。価格は2400円で、大阪難波、大阪上本町、名張、大和西大寺、京都、大阪阿部野橋、橿原神宮前、近鉄名古屋、近鉄四日市、津、宇治山田の各営業所、または近鉄百貨店インターネットショップでの販売です。

・Bトレインショーティー 近鉄26000系さくらライナー旧塗装・新塗装(各2両セット) 平成2年に吉野特急運転開始25周年を機に南大阪線・吉野線に搭乗したさくらライナーのBトレインショーティーです。旧塗装はもえぎ色、新塗装はさくら色のカラーリングとなります。旧塗装バージョンも新塗装バージョンもどちらも先頭車両と中間車両の2両セットで、2つ以上買えば実際のさくらライナーと同じ4両編成を再現することが可能です。価格は各2000円で、大阪難波、大阪上本町、名張、大和西大寺、京都、大阪阿部野橋、橿原神宮前、近鉄名古屋、近鉄四日市、津、宇治山田の各営業所、または近鉄百貨店インターネットショップでの販売です。

・ご当地入場券 通常入場券と言うと、電車には乗らないけれど改札内に入る時に必要なものですよね。ですが、このご当地入場券は立派なお土産になりますよ。なぜなら、このご当地入場券、その駅にゆかりのあるイラストをデザインした専用台紙付きなのです。第一弾、第二弾が好評で、2018年9月現在第三弾30駅が販売されています。販売価格は大人150円、こども80円(鳥羽駅、松阪駅、桑名駅は大人140円、こども70円)で、下記駅の各窓口での販売です。
<第一弾> 鶴橋駅、東花園駅、近鉄奈良駅、京都駅、大阪阿部野橋駅、飛鳥駅、宇治山田駅、鳥羽駅、賢島駅、湯の山温泉駅
<第二弾> 大阪難波駅、大阪上本町駅、大和八木駅、生駒駅、大久保駅、古市駅、吉野駅、榊原温泉口駅、近鉄名古屋駅、鵜方駅
<第三弾> 近鉄八尾駅、桜井駅、名張駅、大和西大寺駅、新田辺駅、近鉄郡山駅、松阪駅、白子駅、桑名駅

・近鉄駅名消しゴム 近鉄の駅名及び近鉄特急をデザインした2個入りの消しゴムです。①高安・大阪阿部野橋版、②五位堂・京都版、③塩浜・近鉄名古屋版の3種類があります。価格は各250円で、大阪難波、大阪上本町(②は売り切れ)、名張、大和西大寺、京都、大阪阿部野橋、橿原神宮前、近鉄名古屋(①③売り切れ)、近鉄四日市、津、宇治山田の各営業所での販売です。

・近鉄電車カレンダー2019 近鉄の主な車両である、観光特急しまかぜ・青の交響曲(シンフォニー)などを紹介した2019年のカレンダーです。沿線の美しい景色と近鉄車両を家でも堪能したい方にはうってつけのカレンダーです。価格は1000円で、大阪難波、大阪上本町、名張、大和西大寺、京都、大阪阿部野橋、橿原神宮前、近鉄名古屋、近鉄四日市、津、宇治山田の各営業所、または近鉄百貨店インターネットショップでの販売です。

2018年9月現在は以上ですが、これからも新しいグッズが開発されることでしょう。お目当ての物を買い逃ししないように、まめに新商品情報をチェックしたほうがいいですね。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る