こた堂ブログ

ガジェット、健康、通販、家庭菜園など

旅行 鉄道・航空機

年末に伊勢湾フェリーの特別室に乗ってみた

投稿日:

伊良湖岬と鳥羽をつなぐ伊勢湾フェリー

一度乗ってみたかった伊勢湾フェリー

三重県の鳥羽と、愛知県の伊良湖岬を繋いでいる伊勢湾フェリー。
もちろん、伊勢湾フェリーの存在は知っていたのですが、なかなか乗る機会がなく過ごしていました。
しかし、ここにきて伊勢湾フェリーに乗るチャンスが巡ってきたので、喜び勇んで乗ってきましたよ。

年末の伊勢湾フェリーに乗船

伊良湖岬からの始発に乗ることに

色々な事情から、伊良湖岬の始発の伊勢湾フェリーに乗ることになりました。
伊良湖岬のフェリー乗り場に到着したのが、朝6:30頃。
余裕でしょ~と思ってたら、なんとすでに待っている車の列が!
私たちが案内されたのは、待ち列2列目でした。

繁忙期は予約ができない

伊勢湾フェリーは、車と一緒に乗る場合事前予約ができるのですが(当日予約は不可)、予約除外日が設定されています。
伊勢湾フェリーのホームページで確認できますので、チェックしてくださいね。

チケットをゲット

伊良湖岬からの始発は、朝8:10。
チケットの販売は朝7:00からだったので、車の中で販売開始までしばしの休憩をしました。
伊勢湾フェリーに一度に載せられる車の台数は約40台。そして、予約がないので先着順の乗船。始発の40台に入らなければ、次の便を待たないといけません。さぁ、どうなるか…。

待っていると、待機駐車場の左側の建物に明かりが点きました。
チケット販売開始です。
車検証とお金を持って、チケット売り場に急ぎます!
結果…

チケット売り場

無事にチケットをゲットしました。そして、並んでいる車の台数的にも、始発のフェリーに乗れそうです。
ふぅ、これで一安心です。

無事、チケットをゲット
チケットの裏には赤福の広告が

乗船開始

始発の時間が近づいて、いざ乗船開始です。
なんと、この時間になると車の待機列はすでに6~7列ほどになっていました!
伊勢湾フェリー、人気です!

車が動き始めたので、それに従って私の車も動かします。
乗船後は、停車位置を案内してくれるので、係員さんの指示に従います。
車と車の間隔はだいぶ狭いので、降りるときはドアがぶつからないように気を付けましたよ。

車を降りて、船内に行くころには満車!でした。

特別室のチケットを買う

伊勢湾フェリーには、「特別室」があります。
一人+400円を、船内のインフォメーションで払って購入します。

こんなご時世、なるべく人との距離が近くない方がいいと思い、特別室のチケットを購入しましたよ。

特別室は、上階にある模様です。
階段を上っていくと…

じゃじゃん。特別室に到着です。
実は、ひそかに個室なのでは?と思っていたのですが(笑)、違いました。

特別室の一番窓際の席を確保しました。
そこから、出向前の車の待機所が見えたのですが、フェリーに乗れなかった車が3~4列ほどありました。

フェリー内探索

席を確保したので、ちょっとフェリー内の探索に出掛けました。

下の階は、一般客室で、椅子席と座敷(?)エリアがありました。
座敷エリアは、靴を脱いで入るので、寛げそうでしたね。

そして、同じ階に、インフォメーションと売店がありました。
売店には、ドリンクやスナックのほかに、伊勢湾フェリーグッズが売られていましたよ。
御朱印帳のようなものが気になりました(写真の一番左側の青いものです)。ちらっと見たところ、伊勢湾フェリーに限らず、フェリーに乗ったら御朱印(?)がもらえるみたいでした。

伊勢湾フェリーに乗ると御船印がもらえる

調べてみると、船の御朱印の「御船印」というものだそうです。
伊勢湾フェリーは、この「御船印」プロジェクトに参加しているので、フェリーに乗って、公式御船印帳を購入すると、御船印がいただけるようです。
公式御船印帳は、「瑠璃の壱」と「日本丸の壱」の2種類があり、伊勢湾フェリーでは両方が販売されているようです。
なんだか、楽しそうな企画ですね~。

定刻に出港

8:10、定刻にフェリーは出港しました。

海の上は、結構いろんな船がいるんだなぁと。
何の船だろう?漁船なのかな?密集していました。
その船の隙間を縫って、フェリーは進みます。

海上の白い点はすべて船!
大きな船も通っていきます

途中、島の説明のアナウンスなどが入りましたよ。

景色を眺めている人や、甲板に出て記念撮影している人、運転の疲れをとるために寝ている人など、みんなおもいおもいのことをして過ごしていました。

定刻に鳥羽に到着

途中何のトラブルもなく、定刻に鳥羽に到着しました。

鳥羽が見えてきました
無事鳥羽に到着です

車に戻るようアナウンスがあり、みんないそいそと車の方に急ぎます。
着岸し、やはり係員さんの指示に従い、車をフェリーから出していきます。
船から出ると、すぐに国道42号線なので港近辺で迷うことはなさそうでした。

フェリーの旅も楽しい

いつもは、車移動ですが、こんな風にフェリーで移動も新鮮で楽しかったですね。
また、今度は鳥羽から伊良湖岬までのフェリーに乗ってみようかな。

-旅行, 鉄道・航空機

執筆者:

関連記事

インドまぼろしの滝幻の滝

インドで最大落差ノウカリカイ滝と幻のセブンシスターズの滝

カレー、タージマハール、ガンジス川の沐浴、象、へび使い・・・ インドは、けっこう観光旅行してみたい国ですよね。 でも、インドに行った人、ほぼ皆、お腹を壊しています。 インド人ですら、日本から帰国すると …

空港出入国自動化ゲート

空港出入国での自動化ゲートシステムのメリットとデメリット

目次1 出入国の時間が短縮できる自動化ゲートシステム1.1 自動化ゲートの導入1.2 パスポートが失効した場合は新規に申請が必要1.3 自動化ゲートの短所1.4 自動化ゲート新型端末 出入国の時間が短 …

南極大陸に行くには、アルゼンチンのウシュアイアから

世界一周旅行で南極大陸に行く!上陸してペンギンにあう方法

日テレ系の番組「世界の果てまでイッテQ!」で、イモトアヤコさんが南極で登山をしていました。 南極は、非常に行きにくいようですが、実は、世界一周の旅行者にとって、意外に身近なんです。 南極に行くには、航 …

ESTA

アメリカ観光渡航前のESTA申請は公式ページで日本語で簡単にできる

目次1 アメリカの渡航前にはお忘れなく! ESTAの申請は公式ページで簡単に自分だけでできる1.1 ESTAとは?1.2 どうやってESTA申請するの?1.3 申請は、公式ページでも日本語で簡単にでき …

羽田空港でpocket changeで外貨を電子マネーに交換した体験談

目次1 余った外貨を電子マネー等へ pocket change 1.1 そんな時に便利なpocket change 1.2 外貨から「現金で」日本円はもう古い 1.3 寄付することもできます1.4 来 …

検索

関連記事

カテゴリー

スポンサードリンク
error: Content is protected !!