旅行

寝台列車トワイライトエクスプレス瑞風の予約中30万円から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
トワイライトエクスプレス瑞風
       

「トワイライトエクスプレス瑞風」に乗ってみたいと思いませんか?
瑞風は、ホテルのような上質さを売りにしている寝台列車で人気があります。
列車でする日本の優雅な旅、憧れですね。

トワイライトエクスプレス瑞風は日本で予約がとれない寝台列車の一つ

トワイライトエクスプレス瑞風とは?

トワイライトエクスプレス瑞風とは、JR西日本が、2017年6月17日から運行を開始した寝台列車です。
美しい日本の車窓の眺めながら、優雅に旅することができるので、人気です。
豪華な車両、一流の食事、洗練されたサービスなど、人をひきつける魅力の列車です。

トワイライトエクスプレスとは違う

「トワイライトエクスプレス」も有名なので知っているという人も多いと思いますが、実は、「瑞風」とは違う列車です。
良く知られているトワイライトエクスプレスは、大阪から札幌まで運行されていましたが、現在、運行されていません。

トワイライトエクスプレス瑞風のルート

大阪・京都から下関までを山陰と山陽の2ルートで結んで、周遊する形になります。
以下の5コースが用意されています。
1日1回立ち寄り観光があります。
観光地までは、専用バスで行けます。

山陰コース(下り)

1泊2日で、テーマは、「文豪と維新の歴史をたどる旅」です。
出発地は、大阪駅、京都駅で、到着地は下関駅で、山陰本線を経由します。

1日目の昼10時に大阪駅出発した瑞風は、京都駅に立ち寄った後、昼食になります。
昼食は、「菊乃井」村田吉弘氏監修の京点心です。
伝統的な京料理でありながら、独創的な調理方法も組み合わせた一流の料理を食べながら、列車は、城崎温泉駅に午後2時過ぎに到着します。

城崎温泉では、3時間程度の滞在が予定されています。
城崎温泉は、平安時代から続く温泉街で、多くの文豪に愛された街並みを楽しめます。
旅館「ゆとうや」内施設の「詠帰亭」見学、志賀直哉が泊った旅館「三木屋」内の「26号室」見学などができます。
また、伝統工芸品製作体験が用意されており、オリジナルの革小物製作体験か麦わら細工のどちらかが選べます。

城崎温泉を午後5時半に出た列車は、次の目的地の萩に向かいます。

夕食は、西洋料理、朝食は、和になります。

萩へは、翌日の9時前に到着です。
萩での滞在時間も3時間強。

歴史と伝統の萩では、陶芸家の窯見学、世界遺産の松陰神社・松下村塾を神職による講話、解説を受けながら見学します。

萩駅を12時過ぎに出発した列車は、下関に向かいます。

昼食は、地元食材を活かしたフランス料理を楽しめます。

下関駅には、3時半頃到着します。

山陰コース(上り)

こちらは、先ほどの逆ルートになります。
1泊二日で、神話と自然美に触れる旅というテーマです。
下関駅を9時過ぎに出た瑞風で、地元食材を活かしたフランス料理を食べながら、出雲市駅に向かいます。
到着は、午後3時。
出雲では、神々が集う神社としてしられる、「出雲大社」に参拝します。
停車時間は、2時間半です。

17時半に出発した列車内で、「菊乃井」監修の日本料理の夕食を頂きます。
2日目の朝食は、洋食になります。

朝8時過ぎに、鳥取駅に到着です。
3時間の停車中には、砂の美術館見学や鳥取砂丘散策を楽しめます。
仁風閣見学では、通常非公開の「御座所」が見ることができます。
また、民俗芸能「麒麟獅子舞」も見学します。

11時過ぎに鳥取駅を出発した列車は、京都と大阪に向かいます。
昼食は西洋料理、アフタヌーンティーはお部屋で楽しめます。

京都到着は、午後4時半くらいになります。

山陽コース(下り)

京都駅を午前10時に出発した瑞風は、大阪駅を経由して、倉敷に向かいます。
昼食は、京点心。
倉敷では、4時間の停車です。
大原家旧別邸として建設され、別名「緑御殿」という有隣荘を見学します。
倉敷の自由散策も楽しめます。

倉敷を午後6時に出発して、夕食は、西洋料理になります。
朝食は、和食です。

翌日は、南岩国駅に8時45分ころ到着し、3時間半停車します。
錦帯橋、吉川史料館、岩国藩鉄砲隊演武の見学があります。

南岩国駅は、12時15分に出発し、地元の食材にこだわったフランス料理の昼食を頂きます。

下関には、午後3時ころ到着します。

山陽コース(上り)

せとうちの美を愛でる旅がテーマの、1泊2日の列車旅行。
下関を10時過ぎにでた瑞風は、宮島口駅を目指します。
有名な「あなごめし うえの」の上野純一氏監修の郷土料理を昼食にいただきます。

午後2時に宮島口駅に到着した後は、3時間半の停車になります。
嚴島神社正式参拝、嚴島神社の舞台での舞楽奉納を楽しみます。

宮島口駅を午後5時半に出た後は、日本料理の夕食を楽しみ、洋食の朝食を頂いた後は、尾道駅に8時15分に到着です。

停車時間は3時間45分。
クルージングとホテル「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」でのおもてなしが用意されています。ホテルでは、展望風呂と岩盤浴が楽しめます。
希望者には、オプションで遊覧飛行を予約することもできます。

尾道駅を正午に出発した後は、西洋料理の昼食とアフタヌーンティーを頂きます。
アフタヌーンティーは、客室内に用意されます。

大阪には、16時に到着です。

山陽・山陰コース(周遊)

西日本の原風景を堪能する旅がテーマの、このコースだけは、2泊3日です。

上記のコースを組み合わせているわけではありません。
このコース用にスケジュールを組まれていますので、立ち寄る場所も違います。

京都を10時に出発した瑞風は、大阪駅を経由して、岡山に13時45分に到着です。
昼食は、京点心。

岡山には、3時間45分停車し、延養亭の特別見学、「備中神楽」鑑賞、岡山後楽園内散策を楽しみます。

岡山駅は午後5時半に出発し、夕食は西洋料理、朝食は洋食を食べ、宍道駅に
8時過ぎに到着です。

ここの滞在時間は、なんと!8時間45分。
「たたら製鉄」の製鉄炉が現存する菅谷たたら山内を見学します。
また、田部邸・土蔵群も観光します。

昼食は、食の杜室山農園「茅葺の家」にて郷土料理を頂きます。
神楽の宿で、伝統芸能「出雲神楽」を鑑賞した後は、須我神社を参拝し、明々庵見学とお茶を頂きます。

バスで松江駅に移動し、17時に松江駅を出発します。
夕食は日本料理、朝食は和食を頂き、翌日9時には、東浜駅に到着です。
滞在時間は、約3時間45分。
砂の美術館を見学し、鳥取砂丘散策も楽しみます。

昼食は、海を望むレストラン「AL MARE(アルマーレ)」にて海の幸を使った特別なメニューがいただけます。

東浜駅を午後1時前に出発した列車は、京都に午後5時ごろ到着します。
途中、お部屋でアフタヌーンティーが楽しめます。

トワイライトエクスプレス瑞風の車室と料金

客室は、3種類です。
1泊2日の山陰コースと山陽コースの値段は同一です。周遊は高くなります。

ザ・スイート

ザ・スイートは、約35㎡もあります。 定員は2~4名です。
もっとも豪華な客室になります。
列車に1室しかないので、予約はとりにくい、というか、よほどの運がないと乗れないです。
2名で使えば、一人78万円、4名で使えば、一人59万円です。
周遊は、2名で125万円、4名で95万円です。

ロイヤルツイン

ロイヤルツインは、約10㎡の客室です。定員は2名で13室であります。
二名で使って、一人30万円です。
周遊は、55万円。

ロイヤルシングル

ロイヤルシングルは、約7㎡の客室です。2室で、定員:1~2名になります。
一人で36万円、2名で28万円になります。
周遊は、1名で67万円、2名で52万円です。

高いと思いますか?
観光を楽しみたいだけなら、東京からでも、飛行機を使えば日帰りで行けます。
高級旅館に泊まっても、この値段はしませんね。
海外でも行けてしまいます。
でも、非日常の空間、きっとその価値はあるでしょう。



トワイライトエクスプレス瑞風 第6期の予約が始まっています

公式ホームページで、トワイライトエクスプレス瑞風の第6期の予約が始まっています。

2018年10月から11月の出発分です。
山陰コース(下り)1泊2日は、2018年11月17日(土)
山陰コース(上り)1泊2日は、2018年10月8日(月)
山陽コース(下り)1泊2日は、2018年10月20日(土)、11月24日(土)
山陽コース(上り)1泊2日は、2018年10月29日(月)
山陽・山陰コース(周遊)2泊3日は、2018年10月3日(水)、10月24日(水)、11月14日(水)
が設定日になります。

2018年5月31日(木)までで、郵送またはホームページで予約できます。
もちろん、抽選になります。
倍率は、30倍を超えますので、運試しに申し込んでみたらどうでしょう。
抽選の発表は、6月ごろとなります。

日本旅行JTBなどでも扱ってます。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る