未分類

東海圏で愛されているSugakiya コスパも最高!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
sugakiya
       

みんなに愛されるラーメン Sugakiyaラーメン

三重県に住んでいる人で、知らない人はいないんじゃないかというSugakiyaラーメン。
お財布に優しい価格帯で、学生の頃にお世話になったという人もたくさんいるんじゃないでしょうか?
時々、無性に食べたくなるSugakiyaラーメンについて、今回は書こうと思います。

スガキヤの名前の由来

寿がきや、Sugakiyaなど色々な表記をされるスガキヤですが、スガキヤの名前の由来は創業者の名字「菅木」だということをご存知でしたか?
“すがき“の”す“を縁起のいい”寿“に変えたんだそうです。
スガキヤで一単語として認識していたのですが、なるほど、「すがき」さんのお店でスガキヤだったのか、と納得してしまいました。
ちなみに、「寿がきや」は、カップ麺などを作っている会社、寿がきや食品の表記に使われているのに対して、「Sugakiya」は、皆さんおなじみのラーメンのチェーン店の表記に使われています。
ただし、最近ではSugakiyaより高価格帯のラーメン店「らーめん寿がきや」もあるので、ちょっとややこしいかもしれませんね。

Sugakiyaはどこでも食べられるわけじゃない

東海圏に住んでいれば、気軽に食べられるSugakiyaですが、実は全国展開はしていないのです。
愛知県・岐阜県・三重県の東海三県の他、静岡県、石川県、滋賀県、福井県、奈良県、大阪府、京都府、兵庫県の全11府県にしかSugakiyaの店舗は無いのです。
店舗数はと言うと、2019年1月18日現在337店舗あり、内、愛知県が184店舗、岐阜県が43店舗、三重県が38店舗と、はやり東海三県が圧倒的に多いです。その他の府県は、静岡県は15店舗、石川県は7店舗、滋賀県は15店舗、福井県4店舗、奈良県7店舗、大阪府13店舗、京都府3店舗、兵庫県8店舗となっています。
どの店舗も路面店ではなく、主にショッピングモールや、ホームセンターのフードコートなどに入っています。その他にも、名古屋市内にある大学構内や、図書館などの公共施設にも出店しています。
現在では、寿がきや食品がインターネット販売などを手掛けているので、Sugakiyaラーメンがこの11府県以外では絶対に食べられないというわけではないですが、あの赤いどんぶりに、たまごやメンマ、チャーシューがはいったSugakiyaラーメンを店舗で食べられるのは、地域が限定されてしまうのです。

Sugakiyaラーメンの魅力は、味とお財布に優しい価格

Sugakiyaラーメンと言えば、出汁の効いた和風とんこつスープが特徴ですよね。あの味が忘れられず、突如として無性に食べたくなってしまいます。
基本的に、ラーメンにはチャーシューとメンマと葱が乗っています。メニューによっては、チャーシューが増えたり、半熟卵が乗ったりします。
レギュラーメニューに加え、季節商品もあります。

sugakiya

トップの写真に載せたラーメンが、秋メニューのピリ辛ネギラーメンです。旨辛のたれが絡めてある白髪ねぎがたっぷり乗っていて、とても美味しかったです。葱好きの方は一度食べてみてください。
そして、この秋メニュー、いくらだったと思いますか?
なんと、430円!お財布に優しい~!
そう、Sugakiyaのラーメンはお財布に優しい価格も魅力なのです。
一番スタンダードなラーメンは、なんと320円です。もちろん、ラーメンの量もしっかり1人前はありますよ。
季節商品を含めても、一番高いラーメンでも500円でおつりがくるのが普通なのです。
なんて素晴らしい!
そして、ラーメンの他の人気メニューはソフトクリームです。たくさんの人が、ラーメンと一緒に買っています。その、ソフトクリームもミニだと100円。ラーメンを食べた後のちょっとしたデザートに丁度いいのです。
お財布に優しい価格で、味もおいしい。だからこそSugakiyaのラーメンは長い間愛されているんでしょうね。

ニューヨークで買えるSugakiyaグッズ「ラーメンフォーク」

Sugakiyaラーメンを食べるときに、欠かせないのがラーメンフォークです。

ラーメンフォーク

この写真上部に写っているスプーンとフォークが合体したようなものが、ラーメンフォークです。
Sugakiyaでは、ラーメン屋さんでよく出されるレンゲの代わりに、このラーメンフォークが出されます。
ラーメンフォークのコンセプトは「割りばしが無くてもラーメンが食べられる」、なのですが、実はこれでラーメンを食べるのはちょっと難しかったりします(笑)。なので、普通はプラスチックのお箸にプラスしてこのラーメンフォークを使って食べる人が多いです。
このラーメンフォークは、1978年にノリタケと共同開発をして作られました。なので、今年で41年の歴史があるんですよ。すごいですよね。
そして、なんとこのラーメンフォーク、お洒落なものしか売っていない、ニューヨーク近代美術館の公式ショップ、MoMA Design Storeで売られているのです!

本場アメリカのMoMA Design Storeのウェブページで確認したところ、残念ながら見つけることはできなかったのですが、日本語版のMoMA Design Storeのウェブページには、しっかり「食器・カトラリー」のところに「MoMAスガキヤラーメンフォーク」として載っていました。お値段は1,620円でした。
日本語版のウェブページからの買うこともできるし、表参道と京都にあるMoMA Design Storeで買うこともできるそうです。
Sugakiyaが誇るラーメンフォークを家でも使ってみたいという方は、ぜひMoMA Design Storeの日本語版ウェブページを覗いてみてください。

まとめ

・Sugakiyaは東海が誇るラーメン店!東海三県ではかなり有名。
・味もおいしく、お値段もお財布に優しい。
・MoMAも認めた「ラーメンフォーク」を使ってラーメンが食べられる。
・Sugakiyaがない都道県の人も是非食べてみてほしい。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る