感染症

激安中国製パルスオキシメータの例の噂を検証してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

中国製パルスオキシメータに関する”例の噂”を検証してみた

例の噂とは?

断言するのはいけないことですが、中国製の製品にはいろいろな噂が付きまとうことが多いですよね。

このパンデミックが始まってからも、中国製のマスクにウイルスが付いていたやら、マスクの紐が面白いことになっていたやら。

そして、いつ何時計っても36.6度になるという中国製の体温計も発見されたとかなんとか。

そんな中国製の製品ですが、中国製パルスオキシメータにも、ちゃんと噂がありました(笑)。
以前、Twitterで見かけたんです。

中国製のパルスオキシメータの中には、人以外の「物」も測定するものがある

って。
指じゃなくても、円筒状の物をセットすると測定開始するそうでして。

そんな面白い噂を聞いた後、手元には激安中国製のパルスオキシメータが。
これは、面白い噂が本当かどうか試してみるしかないでしょう!
ってことで、早速検証してみました。

リップクリーム

まずは、こちら、何の変哲もないリップクリームにパルスオキシメータをセットしてみましょう。

さて、どうなるかな?
リップクリームをセットして、電源を入れたのですが、しばらくすると

自動で切れてしまいました。
外箱に書いてあった「シグナルが無いと自動電源オフ」っていう説明は、正しかったようです。
なんてったって、謎の品質保証の紙片も入っていたんですからね(笑)。ちゃんとした品質じゃないと!

結局、あの面白い噂はやはり「噂」で、我が家に届いた激安中国製パルスオキシメータは、ちゃんとしてる!って胸をなでおろしたのですが…。

ボールペン

じゃあ、もう一つ試してみようってことでボールペンをセットしてみると

あれ?
もう少ししたら電源勝手に切れるかな?と眺めてたのですが

切れない・・・。

しかも、画面の左側の横棒が増えたり減ったりと、しっかりと動いています。

動いているってことは・・・・・・・・心拍を感知しているってこと?!

心拍数は出ないものの、心拍を表す横棒が増減しっぱなしでした。

きっと人間の測定は大丈夫!なはず!

好奇心で試したことが・・・

何の気なしに試したら、激安中国製パルスオキシメータの信頼が揺らぐ結果となりました(笑)。

自分が測定した時は、数値は刻々と変化していたし、途中で切れることもなかったので、人間の測定はちゃんとできている、と信じようと思います!というか信じたい(笑)。

あ、もしくは、我が家のボールペンには脈拍があるってことかな?!
それはそれで大問題な気もしますが(笑)。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る