こた堂ブログ

ガジェット、健康、通販、家庭菜園など

経済・政治

マイナポイント事業開始 早速楽天Edyにチャージしてきました

投稿日:

2020年9月1日 マイナポイント事業が開始しました

以前申込みをしたマイナポイント事業 やっと開始

2020年7月1日、マイナポイントの申込が始まると同時に予約をしました。

そのあたりの記事はこちら。

それから、約2か月。やっとマイナポイント事業が開始です!
長い道のりでした(笑)。

早速楽天Edyにチャージ

と、言うことで、早速楽天Edyにチャージをすることにしました。

クレジットカードに付いている楽天Edyですが、クレジットからチャージする方法がいまいちわからず、結局近所のセブンイレブンに設置されているATMでチャージすることにしました(笑)。

セブンイレブンのATMで

電子マネーチャージを選び、

楽天Edyの付いたクレジットカードをセットし、

チャージを選び、金額を選び、

私は20,000円を選択。

現金を入れればOKです。

あっという間にチャージが完了しました。

チャージした直後に、楽天Edyで買い物もしましたよ。ちゃんと使えました。当たり前ですが(笑)。

いつ還元分がもらえるのか?

楽天Edyはチャージをした翌月10日に還元

張り切って、5,000円分の還元がもらえる20,000円をチャージしたのはいいのですが、あれ?いつ還元されるんだっけ??

調べてみると、楽天Edyはチャージした翌月の10日に還元されるそうです。

忘れないようにしなくては!

私は一気に20,000円チャージしたので、還元額上限の5,000円が翌月に戻ってきますが、今月10,000円、来月10,000円チャージした場合には、翌月10日、翌々月10日に2,500円ずつ還元されるので、その都度受け取りが必要になります。

楽天Edy還元の「受け取り」を忘れずに!

楽天Edyの還元は自動的ではない

還元はチャージした翌月10日とわかりましたが、ここで気を付けなければいけないのが、

還元は自動的にされない!

ということです。

必ず還元されたEdyの受け取りをしてください!

楽天Edyの受け取りは3つの方法がある

楽天Edyの受け取りには、3つの方法があります。

加盟店で受け取る

一つ目は、加盟店で受け取る方法です。

加盟店には、楽天Edyを受け取れる機械が設置されています。
専用の機会であったり、「楽天Edyが受け取れる」と表示されたパソコンであったり、色々ある模様です。

スーパーなどに置かれている機械は、赤いチャージ機ですので、探してみてくださいね。

コンビニでは、ファミリーマートの「famiポート」で受け取りが可能です。
・・・・あれ?セブンイレブンのATMではできないのか・・・。チャージはできても、受け取りはできないっぽいですね。

スマートフォンで受け取る

二つ目は、スマートフォンの「楽天Edyアプリ」で受け取る方法です。

スマートフォンにアプリが入っていて、かつおサイフケータイを使っている場合は、還元分がそのままおサイフケータイの残高に入ります。

おサイフケータイを使っていない場合や、iPhoneの場合は、楽天Edyアプリを起ち上げ、楽天Edyのカードをスマートフォンにかざすと、還元分が受け取れます。

パソコンで受け取る

三つ目は、パソコンで受け取る方法です。

パソコンで受け取る場合には、楽天Edyのカードが読み込めることが前提となっています。(楽天カードリーダーを使ったり、FeliCaポートを使う)

そして、Edy Viewerというソフトを使います。
Edy Viewerがパソコンにない場合は、インストールをする必要があります。

詳しくは、楽天Edyのホームページに書かれているので、チェックしてみてくださいね。

私は、加盟店で受け取ることを選ぶと思います。一番楽そうなので。

マイナポイントの申込は低調

事前申し込みは1割未満

2020年9月1日の朝日新聞DIGITALの記事によると、マイナポイントの事前申し込みは、想定の1割未満なんだそうです。

政府は4千万人の利用を見込んでいたのですが、実際に事前申し込みがあったのは、376万人だったようです。

確かに少ないですね・・・。

マイナンバーカードが作ってあったので

私が、このマイナポイント事業に申し込もうと思ったのも、すでにマイナンバーカードが作ってあったからというのが大きいです。
スマートフォンさえあれば、役所に出掛けたりする必要もなく、簡単に申し込めましたしね。
マイナンバーカードを持っていることで、お得な事業に簡単に参加できるのであれば、そりゃいそいそと参加しますよね(笑)。

もし、マイナンバーカードを作ってなければ、このマイナポイント事業のためにマイナンバーカードを作ったかな?どうだろう?

9月以降も申込可能

このマイナポイント事業への申込は、もちろん2020年9月以降でも大丈夫です。

マイナンバーカード持ってるけどまだ申し込んでないよという人や、マイナンバーカードをやっと作ったよという人は、申し込まないと損ですよ~。
なんてったって、この事業2千億円の予算がついてるんですから!まだまだ5,000円の還元が受けられるチャンスは山盛りですよ!

-経済・政治

執筆者:

関連記事

マイナンバーカードの電子証明書の更新手続きの注意点

目次1 家に届いた封書1.1 マイナンバーカードに関する通知が届いた2 マイナンバーカードに関する有効期限は2つある2.1 マイナンバーカードの2つの有効期限とは2.2 マイナンバーカード自体の有効期 …

マイナポイント予約をスマホでするとき注意する点

目次1 マイナポイントが始まります1.1 マイナポイントとは?2 マイナポイントを利用するにはマイナンバーカードが必要3 マイナポイントを予約しよう3.1 マイナポイントの予約とマイキーIDを取得しよ …

マイナポイントを楽天Edyで申込した時感じた注意点

目次1 マイナポイントの申込が7月1日から始まりました2 マイナポイント申込2.1 マイナポイントアプリへログイン2.2 決済サービスをどれにするか決める2.2.1 決済サービスはこんなにある!2.2 …

クラウドファンディング

クラウドファンディングとは?失敗例と成功例

今何かと話題のクラウドファンディング。 しかし、クラウドファンディングを立ち上げた人が全員成功するとは限りません。 成功と失敗を分ける原因は一体何なのでしょうか? 目次1 クラウドファンディングとは? …

子ども銀行券じゃない100万札持ってます!

目次1 インフレになると、お札にどんどん0が付いていく1.1 日本円の通貨の最高額は10,000円1.2 インフレとは?1.3 ハイパーインフレとは1.4 ハイパーインフレになったことのある国は?1. …

検索

関連記事

カテゴリー

スポンサードリンク
error: Content is protected !!