こた堂ブログ

ガジェット、健康、通販、家庭菜園など

経済・政治

マイナポイント事業開始 早速楽天Edyにチャージしてきました

投稿日:

2020年9月1日 マイナポイント事業が開始しました

以前申込みをしたマイナポイント事業 やっと開始

2020年7月1日、マイナポイントの申込が始まると同時に予約をしました。

そのあたりの記事はこちら。

それから、約2か月。やっとマイナポイント事業が開始です!
長い道のりでした(笑)。

早速楽天Edyにチャージ

と、言うことで、早速楽天Edyにチャージをすることにしました。

クレジットカードに付いている楽天Edyですが、クレジットからチャージする方法がいまいちわからず、結局近所のセブンイレブンに設置されているATMでチャージすることにしました(笑)。

セブンイレブンのATMで

電子マネーチャージを選び、

楽天Edyの付いたクレジットカードをセットし、

チャージを選び、金額を選び、

私は20,000円を選択。

現金を入れればOKです。

あっという間にチャージが完了しました。

チャージした直後に、楽天Edyで買い物もしましたよ。ちゃんと使えました。当たり前ですが(笑)。

いつ還元分がもらえるのか?

楽天Edyはチャージをした翌月10日に還元

張り切って、5,000円分の還元がもらえる20,000円をチャージしたのはいいのですが、あれ?いつ還元されるんだっけ??

調べてみると、楽天Edyはチャージした翌月の10日に還元されるそうです。

忘れないようにしなくては!

私は一気に20,000円チャージしたので、還元額上限の5,000円が翌月に戻ってきますが、今月10,000円、来月10,000円チャージした場合には、翌月10日、翌々月10日に2,500円ずつ還元されるので、その都度受け取りが必要になります。

楽天Edy還元の「受け取り」を忘れずに!

楽天Edyの還元は自動的ではない

還元はチャージした翌月10日とわかりましたが、ここで気を付けなければいけないのが、

還元は自動的にされない!

ということです。

必ず還元されたEdyの受け取りをしてください!

楽天Edyの受け取りは3つの方法がある

楽天Edyの受け取りには、3つの方法があります。

加盟店で受け取る

一つ目は、加盟店で受け取る方法です。

加盟店には、楽天Edyを受け取れる機械が設置されています。
専用の機会であったり、「楽天Edyが受け取れる」と表示されたパソコンであったり、色々ある模様です。

スーパーなどに置かれている機械は、赤いチャージ機ですので、探してみてくださいね。

コンビニでは、ファミリーマートの「famiポート」で受け取りが可能です。
・・・・あれ?セブンイレブンのATMではできないのか・・・。チャージはできても、受け取りはできないっぽいですね。

スマートフォンで受け取る

二つ目は、スマートフォンの「楽天Edyアプリ」で受け取る方法です。

スマートフォンにアプリが入っていて、かつおサイフケータイを使っている場合は、還元分がそのままおサイフケータイの残高に入ります。

おサイフケータイを使っていない場合や、iPhoneの場合は、楽天Edyアプリを起ち上げ、楽天Edyのカードをスマートフォンにかざすと、還元分が受け取れます。

パソコンで受け取る

三つ目は、パソコンで受け取る方法です。

パソコンで受け取る場合には、楽天Edyのカードが読み込めることが前提となっています。(楽天カードリーダーを使ったり、FeliCaポートを使う)

そして、Edy Viewerというソフトを使います。
Edy Viewerがパソコンにない場合は、インストールをする必要があります。

詳しくは、楽天Edyのホームページに書かれているので、チェックしてみてくださいね。

私は、加盟店で受け取ることを選ぶと思います。一番楽そうなので。

マイナポイントの申込は低調

事前申し込みは1割未満

2020年9月1日の朝日新聞DIGITALの記事によると、マイナポイントの事前申し込みは、想定の1割未満なんだそうです。

政府は4千万人の利用を見込んでいたのですが、実際に事前申し込みがあったのは、376万人だったようです。

確かに少ないですね・・・。

マイナンバーカードが作ってあったので

私が、このマイナポイント事業に申し込もうと思ったのも、すでにマイナンバーカードが作ってあったからというのが大きいです。
スマートフォンさえあれば、役所に出掛けたりする必要もなく、簡単に申し込めましたしね。
マイナンバーカードを持っていることで、お得な事業に簡単に参加できるのであれば、そりゃいそいそと参加しますよね(笑)。

もし、マイナンバーカードを作ってなければ、このマイナポイント事業のためにマイナンバーカードを作ったかな?どうだろう?

9月以降も申込可能

このマイナポイント事業への申込は、もちろん2020年9月以降でも大丈夫です。

マイナンバーカード持ってるけどまだ申し込んでないよという人や、マイナンバーカードをやっと作ったよという人は、申し込まないと損ですよ~。
なんてったって、この事業2千億円の予算がついてるんですから!まだまだ5,000円の還元が受けられるチャンスは山盛りですよ!

-経済・政治

執筆者:

関連記事

経済センサス活動調査をインターネット回答→めちゃくちゃ楽だった

目次1 経済センサス活動調査の時期です1.1 調査員さんから頂いた経済センサス活動調査調査票1.2 経済センサス活動調査とは?2 経済センサス活動調査 ウェブ回答してみた2.1 こんな時期だからインタ …

JCB ザクラス

2万円のカタログギフトが全員にもらえるクレジットカード

クレジットカードは何を使っていますか?無料カード?楽天をよく使うから楽天カード?会社などで作らされたカード?公務員系の職業の人は、安くゴールドカードを作れるらしいので、それを持ってるのかな?今回は、2 …

都道府県平均賃金ランキング 三重県は何位?

目次1 厚生労働省から 令和2年賃金構造基本統計調査の結果が発表されました1.1 賃金構造基本統計調査 とは?1.2 コロナ禍でも賃金は増えている?!1.3 大企業・高学歴はやはり賃金が高い傾向1.4 …

マイナポイント独自上乗せ還元一覧~最高はメルペイの1千万円か

目次1 マイナポイント事業に伴い各社独自の上乗せポイントがある2 独自上乗せがある決済サービス2.1 電子マネー2.1.1 WAON2.1.2 Suica(東日本旅客鉄道株式会社)2.2 QRコード2 …

今話題?!の「くるみんマーク」って知っていますか?

目次1 SNSの投稿がきっかけで大論争に発展1.1 くるみんマークとは? 1.2 くるみんマーク取得の要件とは?1.3 くるみんマークを取得するメリットは? 1.4 くるみんマークを取得していたことが …

検索

関連記事

カテゴリー

スポンサードリンク
error: Content is protected !!