グルメ・ドリンク

マレーシア限定KitKat Rose&Berryフレーバーを食べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

世界中で大人気KitKat

KitKatと言えば、世界中で大人気のチョコレート菓子ですよね。

アメリカの商品と思われがちですが、実は元々はイギリスが発祥です。 イギリスのロントリーという菓子会社が開発をし、世界中に輸出していたのですが、1988年にスイスに本社があるネスレ社に買収され、今はネスレが販売をしています。

いつから日本でKitKatの販売は始まったのか?

イギリスで”KitKat”の名称で販売が始まった1937年から遅れること36年、日本でKitKatの販売が始まったのは、1973年からでした。

販売後の人気はご存知の通りで、2019年の現在でも定番のチョコレート菓子になています。

独自の発展を遂げた日本のKitKat

KitKatと言えば、いろいろなご当地フレーバーが楽しめる、と思いがちですが、実はこんな”ご当地”フレーバーがあるのは日本だけなのです。 2000年代からフレーバーが増えはじめ、現在KitKatの公式ページで確認できるだけでも

  • 東京ばな奈 
  • 東京ばな奈プレミアムバナナミルク味 
  • ラムレーズン 
  • ストロベリーチーズケーキ 
  • 宇治抹茶 
  • 宇治ほうじ茶 
  • とちおとめ 
  • あまおう 
  • 信州りんご 
  • 紅いも 
  • 北海道小豆&いちご 
  • 温泉饅頭味 
  • もみぢ饅頭味 
  • わさび味 
  • 日本酒

など、20種類もあります。

このご当地フレーバーに加えて、期間限定フレーバーも

  • クッキー&クリーム 
  • ナッツ&クランベリー 
  • プレミアムミント

など8種類あります。(2019年6月現在) 期間限定フレーバーは年に数回入れ替わりがあるので、実際8種類よりも多いフレーバーが販売されます。

その上、高級志向のKitKat専門店「キットカット ショコラトリー」があるのも日本だけとなっています。 キットカットショコラトリーは全国で8店舗展開しており、1本300円以上する高級KitKatが販売されています。

一度食べてみたいけれど・・・・KitKat1本にその値段はなかなか出せません(笑)。誰か差し入れとかしてくれないかなー(笑)。

KitKat Rose&Berryを手に入れた

先日、ひょんなことからKitKat Rose&Berryを頂きました。

パッケージはとてもかわいいピンク色で、2つ並べるとハートが現れるというおまけ?付きです。

かわいいピンク色のパッケージのKitKat Rose&Berry。

調べてみると、このRose&Berryフレーバーは2019年マレーシア限定販売のものだそうです。

日本でも販売されたフレーバーかどうかを調べてみると、2009年にKitKatチョコ&ローズが、そして、2017年にKitKat毎日の贅沢で、バラ&紅茶フレーバーが期間限定販売されていましたが、Rose&Berryは有りませんでした。

KitKat Rose&Berryの成分表示は

パッケージの裏に成分表示は書かれています。英語とマレー語の併記になっていますね。

英語とマレー語の併記になっています。

どうも、2本で1serving(17g)っぽい感じです。 1servingのカロリーは、90kcal、脂肪は5g、たんぱく質は1g、炭水化物は10g、砂糖6.6g、ナトリウム12㎎となっていました。 なので、このパックを全部食べると、KitKatを4本食べることになるので、この倍になりますね。

そして、お国柄が出てるなあと思ったのが、Halal(ハラール)マークが付いていたところですね。

ここにHalalマークがついています。

Halalとはイスラム法において合法なことを現しており、食品の場合豚肉やお酒などイスラム教の方が食べることができない食材が使われていないことの証明です。

マレーシアはイスラム教の方が多いので、このマークが付いているのはとても重要なことなんですね。

いざ、実食

さて、それではKitKat Rose&Berryを食べてみましょう。

まず、パッケージを開けると

めっちゃバラの香り

がします。開けただけでです・・・・。ちょっと嫌な予感(笑)。

KitKatは、パッケージと同じような薄いピンクのチョコレートでコーティングされています。

きれいなピンク色です。

中を割ってみてみると、まぁ、普通のウェハースになっています。これは普通のKitKatと同じですね。

中のウェハースは変わりないみたいです。

では、一口。

・・・・・・・・バラ

すっごいバラの味しかしません。

申し訳ないけれど、芳香剤を食べているようなキツさです。

Berryの味も香りも全くと言っていいほどしません。Berryどこ行った??

二口目も頑張って食べてみましたが、やっぱりバラ。

日本で時々ある、バラのアイスクリームとかバラのジャムとかの香りより数倍キツイです。 マレーシアの人はこれをおいしそうな香りとして認識しているのかな??
元々自分がバラの香りや味がそれほど好みではないので、余計にキツク感じてしまうのかもしれませんが・・・。 1本食べきるのにもなかなかの時間を要しました。残った3本どうしようかなー(笑)。 とにかく、日本のKitKatでは考えられない香りと味の強さでした。

バラの香りや味が好きな方にはいいかも

自分的には、このKitKat Rose&Berryは好みではありませんでしたが、バラの香りや味が好きな方にはたまらないと思いますね。
かなり強めの香りと味なので、日本のバラフレーバーでは物足りない!と言う方にお勧めだと思いました。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る