世界

EMSの特別追加料金が想像以上にすごかった件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

コロナ禍の影響がまだまだ強い国際郵便

早さと安心安全のためのEMSの料金設定

郵便局が提供する一番早い国際郵便、「EMS」。
相手先まで最速で届き、追跡もでき、補償もある、いわば一番早く安全に届けてもらえる国際郵便です。

でも、安心安全を保証するためか、お値段もそこそこします。

私がよく使っている国際郵便

EMSより、安く荷物を送れる国際郵便ももちろんあります。いろいろと使い分けると、経済的にも助かります(笑)。
私は、あまり重い荷物を海外へ送ることが無いので、EMSの他、これらの国際郵便をよく使っています。

まずは「eパケット/eパケットライト」。
eパケット/eパケットライトは、EMSと比べて料金は安い代わりに、配達までに時間がかかります。
でも、補償もあるし、追跡もできるので送った方としては安心です。

そして、一番安く海外へ送れるのが、「スモールパケット」ですが、これは追跡番号が無く、届くかどうかは一種の賭けみたいなところがあります。
日本国内から海外への発送までは信頼がおけるのですが、相手先の国によっては…追跡番号が付いていない荷物は格好の「カモ」になることもあるようです。
実際、スモールパケットで送った荷物が届かなかったことが数回ありました。保険もないので、泣き寝入りです。

アメリカに荷物を送ろうと思ったら…

さて、今回アメリカの友人から「日本で買って欲しいものがある」との連絡が来ました。
それは、スターバックスの「where I’ve been」シリーズのマグカップ。ご当地の地名と名物がプリントされたマグカップです。
残念ながら三重県のマグカップは無かったのですが、「JAPAN」のマグカップが欲しいとのことだったので、購入して送ることにしました。

友人が家を買ったということもあり、「JAPAN」マグカップの他にも2つほど日本のスターバックスでしか売られていなさそうなマグカップを購入し、プレゼントとして送ることにしました。

プレゼントを兼ねたリクエストの品物なので、追跡サービスの無い海外郵便で送るのは無理!
ということで、経済的なeパケットかeパケットライトで送ろう!と思ったのですが‥‥

アメリカはまだeパケットもeパケットライトも受け入れ中止中

と言うことが発覚しました。
これはEMSで送るしかなさそうです。

EMSの特別追加料金がえげつなかった

中国へのEMSは特別追加料金が無かった

以前、中国へEMSを送ったことを記事にしましたが

その時には、「EMSの特別追加料金」のことにはサラッと触れただけでした。

何故なら、中国へのEMSは特別追加料金はかからなかったから気にならなかったのです。

2021年6月1日から始まったEMS特別追加料金

2021年6月1日から始まった、EMS特別追加料金は、第二地帯とよばれる オセアニア・北米・中米・中近東・ヨーロッパ が対象となっています。
しかし、オセアニア・北米・中米・中近東と、ヨーロッパでは少し追加料金に差があります。
追加料金は、なぜかヨーロッパの方が安いという謎…。私的にはヨーロッパの方が遠いとおもんだけどなぁ…。

今回は、アメリカ宛の荷物だったので、そちらの方の追加料金について書いていきます。

追加料金は、荷物の重さによって変わってきます。

例えば、500gまでなら追加料金は400円。今までの料金2,000円にプラスされ、EMSの料金は2,400円になります。追加料金は、今までの料金の20%ってことですね。

しかし、一律20%の加算ではなく
600gまでの荷物(2,180円)の追加料金は480円で、送料の約22%の加算
700gまでの荷物(2,360円)の追加料金は560円で、送料の約23%の加算
800gまでの荷物(2,540円)の追加料金は640円で、送料の約25%の加算
と、重さが重くなるにつれ、追加料金が雪だるま式に高くなっていくじゃないですか。

マグカップ×3個…結構重たいんだけど…どうなる?!

郵便局でEMS料金を計算してもらった結果

とりあえず、マグカップを梱包し、緩衝材をしっかり詰め、ガムテープでぐるぐる巻きにした荷物を郵便局へ持ち込みました。

家で計った重さと誤差があるといけないので、荷物を送る時は必ず郵便局で重さを計ってもらうことにしているのです。

その結果、アメリカに送りたい荷物の重さは、1,778g。「1.75㎏をこえ2㎏まで」に当てはまることがわかりました。
それを見た郵便局員さんが一言

送料6,100円かかりますけど、大丈夫ですか?」、と。

・・・・・アマリダイジョウブジャナイカナ・・・・・。

EMS特別追加料金がなければ、4,500円で送れたところ(それでも結構なお値段ですが)、追加料金が1,600円もかかり、合計6,100円となった訳です。
つ、追加料金が送料の約35%ってどういうこと?!?!追加料金取りすぎでは?!?!
と、思ったのですが、誰のせいでもない、言えば新型コロナウイルスのせいですからね、責めたりごねたりすることなんてできません。

この料金じゃないとEMSは送れないので、涙をぬぐいながら6,100円を支払ったのでした。

EMS特別追加料金は一時的?

このEMS特別追加料金が導入された理由は、

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響により、航空路線が減便するなか、国際郵便を一部引受停止せざるを得ない状況にあり、お客さまには大変ご不便おかけしております。航空会社と郵便搭載スペース確保の調整を重ねてきましたが、国際郵便の安定的な提供のためには、輸送コストの上昇を余儀なくされております。

郵便局ホームページより

と、書かれているように、新型コロナウイルスの影響です。
なので、

2021年6月から当分の間

郵便局ホームページより

EMS特別追加料金がかかるとも書かれています。
「当分の間」がどれくらいの期間かはわかりませんが、とりあえず全世界的に新型コロナウイルスが収束するまでは無理そうですね。

とにもかくにも、新型コロナウイルスの収束と、この特別追加料金が恒久的にならないことを祈るばかりです!

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る