未分類

ホンダ「モンキー125」と従来の「モンキー50」との比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ホンダモンキー125
       

ホンダの「モンキー125」が7月12日に発売~排気量アップなのでバイクの免許が必要

ホンダは、原付二種のバイク「モンキー125」を7月12日から発売するようです。

ホンダの「モンキー」とは?

モンキーは、1960年代に登場した50ccの原付バイクです。
空冷4サイクル単気筒エンジンを搭載していました。
実用的なスーパーカブやスクーターが幅をきかせている原付市場で、レジャーモデルと言われ、異彩を放つ存在感のあるバイクでした。
小さくて、「かわいかっこいい」という感じだったのでしょう。国内外で愛され、およそ66万台も売れたそうです。

しかし、新しい排ガス規制をパスすることが難しくて、2017年8月で生産終了しました。

2017年の東京モーターショーにコンセプトモデル

昨年2017年の東京モーターショーにモンキーは、コンセプト・モデルとして参考出品されました。
ただ、車体もエンジンも一回り大きくなっていました。
以前のモデルのかわいらしさなどはそのままに、楽しさをスケールアップし、遊び心で自分らしさを演出する「アソビの達人」がコンセプトだそうです。

モンキー125は輸入?

■製造事業者/Thai Honda Manufacturing Co., Ltd. 
■製造国/タイ
■輸入事業者/本田技研工業株式会社
と、公式ページにあります。
タイで生産なんですね。

以前のモンキー50とモンキー125との比較

かなり大きくなっています。
小さくて目を引くってことがなくなるかもしれません。

全長(mm)
1,365 1,710
全幅(mm)
600 755
全高(mm)
850 1,030
軸距(mm)
895 1,155
最低地上高(mm)
145 160
シート高(mm)
660 775
車両重量(kg)
68 105
乗車定員(人)
1 1
燃料消費率(km/L)国土交通省届出値 定地燃費値
100 71.0
最小回転半径(m)
1.4 1.9
エンジン種類
空冷4ストロークOHC単気筒 空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm3)
49 124
圧縮比
10.0 9.3
最高出力(kW[PS]/rpm)
2.5[3.4]/8,500 6.9[9.4]/7,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)
3.4[0.35]/5,000 11[1.1]/5,250
燃料タンク容量(L)
4.3 5.6
タイヤ

3.50-8 35J 120/80-12 65J

3.50-8 35J 130/80-12 69J

大きくなったので免許が必要

原付でも50㏄までなら、普通自動車免許で乗れます。
ただ、125㏄になると原付ではありますが、小型自動二輪免許以上が必要になります。
つまり、今の車の免許だけでは、モンキー125には乗れません。

ただ、30km/hの制限速度や二段階右折の50㏄独特の規則はなくなります。
もっとも、高速道路は乗れませんよ!

モンキー125の値段

モンキー125の価格は、標準モデルが、税込みで39万9600円、ABSモデルが43万2000円となっています。

結構なお値段になっています。
小型自動二輪免許も必要ですし、人気が出るでしょうか?

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る