未分類

ナンバープレートでラグビーワールドカップ/東京オリンピック応援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
東京オリンピックナンバープレート
       

各乗用車に必ず付いているナンバープレート。
昔は自家用車なら白地に緑、自家用軽自動車なら黄色地に黒、商用車なら緑字に白だけなどでした。ちょっと違うものは緑の数字が夜光ったりするだけでした。
でも、ナンバープレートに変化があるのをご存知ですか?

ナンバープレートでラグビーワールドカップ/東京オリンピック・パラリンピックを応援できる!

最近、ちょっとカラフルなナンバープレートを付けた車を見かけたことがありませんか?
国土交通省は、2019年に開催されるラグビーワールドカップ、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの機運を盛り上げるために、特別仕様ナンバープレートを作成しています。

ラグビーワールドカップの特別仕様ナンバープレートは、平成29年4月3日から、東京オリンピック・パラリンピックの特別仕様ナンバープレートは、平成29年10月10日からと既に交付が始まっています。

どちらのナンバープレートも2パターンあり、寄付金ありパターンと寄付金なしパターンがあります。もちろん、寄付金ありのパターンの方がデザインはカラフルです。
寄付金は1000円以上で任意の金額となり、寄付されたお金は大会を支援するお金に当てられます。
寄付金以外に交付手数料がかかります。交付手数料は地域によって変わります。
ちなみに、三重県は、東京オリンピック・パラリンピック特別仕様の場合登録車なら中板7500円、大板11700円、軽自動車なら8100円、ラグビーワールドカップ特別仕様の場合、登録車中版7260円、大板11280円、軽自動車なら7840円です。
両大会を応援でき、自分の車もちょっとおしゃれにできるこの特別仕様ナンバープレート、この際変えてみるのもいいかもしれませんよ。

ここにも個性を! 車のナンバープレート

個性を出せるのは、特別仕様ナンバープレートだけではありません!
国土交通省自動車局がナンバープレートの多角的な活用のために、平成10年からは「希望番号制」の導入を行い、これによって自動車の所有者は自分の希望の番号を取れるようになりました。
平成18年と平成26年には追加的に新たな地域を定める「ご当地ナンバー」の導入も行い、以前三重県の車はすべて「三重」だったのが、「鈴鹿」もできました。

これに続く取り組みが「地方版図柄入りナンバープレート」の交付です。
地域の魅力ある風景や観光資源を図柄にしたプレートで地域振興、観光振興への貢献を目的としています。
こちらも寄付金ありとなしの2パターンあり、寄付金は交通改善、観光振興に使われる予定です。
三重県は「四日市」と「伊勢志摩」を対象地域とした地方版図柄入りナンバープレートを申請しています。導入地域決定は平成30年7月頃が予定されています。
どのような図柄になるのか楽しみですね!
沢山の人が図柄入りナンバープレートを付けて三重県をアピールしてほしいですね。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る