感染症

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」で、早速接種証明書をゲットしてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

新型コロナワクチン接種証明書アプリが運用を開始

日本政府のデジタル庁の開発した、新型コロナワクチン接種証明書アプリが運用を開始したということで、アプリをインストールしてみることにしました。

Google Playで検索してみたが

私の使っているスマホは、Androidなので、Google playで「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」を検索してみたのですが‥‥

なぜか出てくるのは、デジタル庁が作ったアプリではないアプリばかり。
政府が開発したアプリで出てくるのは「COCOA」のみ。

う~~ん、なんでだろう??

デジタル庁のホームページでQRコードを発見

アプリの発行元である、デジタル庁のホームページに行ってみました。

思ったより簡素なホームページでびっくりしたのはさておき、トップ画面の一番上に、アプリのことが載っていました。

クリックして、詳細を見ることにします。

なんやかんや、難しそうなことが書かれていますがそこはさら~っと流し読みで終わり、やっとアプリのインストール方法までたどり着きました。
そこには、”Google Playで検索してインストールできる”って書いてあったのですが…。
何故、出てこなかったんだろう??

とにかく、その下にアプリのQRコードが載っていたので、そこからアクセスすることにしました。

新型コロナワクチン接種証明書アプリ インストール

QRコードを読み込んだら、下の画面が出てきます。

きちんとデジタル庁が発行なのを確認してから、インストールをクリックすればOKです。

新型コロナワクチン接種証明書を発行する

新型コロナワクチン接種証明書アプリのインストールが終わったら

アプリをインストールして開くと

この画面が出てきます。
画面の案内に従って、進んでいきます。

国内用・海外用両方の接種証明書が発行できます。
とりあえず、必要なものを準備します。

「接種証明書を発行する」をくりっくしたら、発行手続きに入ります。

用途の選択

まず、用途を選択します。
日本国内用・海外用を選択できるようになっています。

出かける予定は全くないですが、海外用も発行しようと思ったので、両方にチェックをつけて、「次へ進む」をクリックします。

マイナンバーカードの読み取り

マイナンバーカードを読み取ります。
が。
読み取りの前に、 「券面事項入力補助用暗証番号」を入力します。
そう、マイナンバーカードを作ったときに設定した暗証番号4つのうちの1つです。
入力を3回間違えるとロックがかかってしまい、ロック解除には市役所に出向かなければいけなくなるので、きちんと確認して4桁の 券面事項入力補助用暗証番号 を入力してくださいね。

暗証番号の入力がOKなら、読み取りに移ります。

スマホにマイナンバーカードをかざして、読み取ります。
読み取りが終わると

このような画面が出てきます。
氏名・生年月日・性別・住所に間違いがないか確認し、OKであれば「次へ進む」をクリックします。

パスポートの読み取り

この作業は、海外用を選択した人だけだとおもいますが、パスポートの読み取りをします。

「読み取りを開始」をクリックすると、読み取り画面になるのですが、フレームが小さい上に、パスポートの写真ページが平らにならず、10秒静止するのが難しかったです。パスポート、あまりに使ってなさ過ぎて、ページがぺたんと開かなかったことが敗因でした。
なんとか、パスポートも読み込みに成功すると

この画面になります。
こちらも、氏名・旅券番号・生年月日・国籍を確認して、すべてOKであれば、「次へ進む」をクリックします。

自治体の確認

自分の住民票が置いてある自治体の確認をします。
自動的に出てくるので、確認して「次へ進む」をクリックします。

ワクチン接種証明の発行

接種記録が確認されると、このような画面が出ます。

紙でもらった、ワクチン接種証明をみて、接種日・製造番号などが正しいかチェックします。

OKなら、ワクチン接種証明を発行完了です!

スマホ上のワクチン接種証明書はこんな感じ

スマホ上にある、「接種証明書」のアプリのアイコンをクリックすると接種証明書がすぐに表示されます。

「接種証明書」をクリック

表示はこのような感じです。
接種証明書をタップすると、詳しい情報が出てきます。

国内用をタップするとこんな感じです。

二次元コード・名前・生年月日は伏せられた状態で出てきます。
表示する場合はタップして表示させる感じです。
プライバシーに配慮してるのかな?

海外用だと、こんな感じです。

すべてオープンです。
まぁ、入国の際にワクチン証明書のチェックに時間がかからないようにでしょうね。

新型コロナワクチン接種証明書アプリでの証明書取得は超簡単だった

ものの5分で終了

アプリで接種証明書って、ややこしいのでは?なんて心配していたのですが、なんのなんの、物凄く簡単でした!
必要なもの(マイナンバーカード・パスポート・暗証番号)などを、事前に準備しておけば、ものの5分で終了でした。

接種証明書を提示しなければならない、大規模イベントや、海外に行く予定は全くないのですが(笑)、アプリで接種証明書を提示できるのは、紙の接種証明書を持ち歩くよりずっといいと思います。
急に接種証明書の提示を求められても、スマホならいつでも持ち歩いていますから大丈夫です!

ここにきて、やっと(?)マイナンバーカードが役に立ったと思いました(笑)。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る