グルメ・ドリンク

目も口も幸せになる銀座鈴屋の「栗甘納糖・黒豆しぼり詰め合わせ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

偶然出会った栗甘納糖

一度食べたら忘れられない 銀座鈴屋の栗甘納糖

銀座鈴屋の栗甘納糖に出会ったのは、まさに偶然でした。
東京駅で新幹線に乗る前に、大丸東京のいわゆるデパ地下をウロウロしていた時でした。
ふと、目に留まったのが「栗甘納糖」。
豆じゃない甘納豆もあるんだなぁ、と見ていると、店員さんが試食にどうぞ、と栗甘納糖の欠片を差し出してくれました。(もちろん、コロナ禍の前の話ですよ!)
パクっと口に含むと

「お、美味しい!!」

あまりの美味しさに感動を覚えました。
これは!買わなければ!と思って、ショーケースを見てみると、うん、デパ地下の美味しい品だけあって、それなりのお値段で。
でも、美味しい、もっと食べたい、と悩みあぐねていると、これまたできる店員さんが
「こういうのもございますよ」
と、”栗甘納糖こわれ”という品をすすめてくれました。
”こわれ”とは、ちょっとかけてしまったりした栗甘納糖のことで、量も入ってお値段もだいぶお手頃。
贈答品ではなく、自分で食べるだけなのでこわれていようが問題なし!ということで、購入し美味しくいただいたのでした。

銀座鈴屋の栗甘納糖が食べられるチャンス到来!

銀座鈴屋は、残念ながら東海圏に出店していないので、栗甘納糖にはあの夢の様な出会いからなかなか再会できずにいました。

それが、ひょんなことから再び栗甘納糖が食べられるチャンスがやってきたのです。

関東の友人が結婚するとのことで、お祝いを送ったところ、内祝いとしてカタログギフトが届きました。
グルメに特化したカタログギフトで、見る品見る品美味しそうで、さてどれを選ぼうかと楽しく頭を悩ませていたところ、目に飛び込んできたのは…そう

銀座鈴屋 栗甘納糖・黒豆しぼり詰め合わせ

心は決まりました。
家族に了解を取り、早速申し込みをしたのでした。

宝箱のような銀座鈴屋「栗甘納糖・黒豆しぼり詰め合わせ」

栗甘納糖・黒豆しぼり詰め合わせが届いた!

申し込みから約2週間ほど経った時、ついに!ついに届きました。

木目調がプリントされた、しっかりした箱に”二百十日”と書かれた熨斗(?)

熨斗を取ると、黄金で「栗甘納糖」の文字が。

箱の左下には「鈴屋」のマークも入っていました。

さぁ、開けますよ~。
まずは、このように紙で覆われています。シールを剥がし、紙を広げると

はい、宝石箱~~!!

見るだけでも幸せになる光景が広がっていました。
栗甘納糖13個、渋皮付栗甘納糖6個、黒豆しぼり6個(1個に黒豆しぼりが約6粒入)

しかも、この宝石箱、もう1つあるんですよ。
そう、2段重ねの箱で届いたんです。

盆と正月が一緒に来たとはこのことでしょうか(笑)。

栗甘納糖・黒豆しぼり詰め合わせ実食

届いたからには、食べないと!と言うことで、実食です。

1つずつ出してみました。

まずは、黒豆しぼりから。好物は後に食べる派なので(笑)。

食感は、外はサクッと、中は柔らかい感じです。お味の方は、やわらかな甘みで黒豆のおいしさが引き立っています。

お次は、栗甘納糖。

そう、この味です!最初に食べた時の感動がよみがえってきます。
砂糖の甘さと栗の甘さのベストマッチ!
”こわれ”とは違い、4cm×3cmくらいの大粒の栗で、食べ応え抜群です。
栗を食べてる!と実感できます。

そして、渋皮付栗甘納糖。

こちらは、渋皮が付いている分噛み応えがあります。
でも、お味の方は最高!
個人的には、栗甘納糖の方が好みなのですが、渋皮付きの方でも十分に食べる幸せが感じられます。

大事に大事に食べていきたいのですが、賞味期限が「常温で15日」なので、美味しいうちに食べきろうと思っています。

黒豆しぼりが無い??

この栗甘納糖・黒豆しぼり詰め合わせに、この小さな商品案内のパンフレットが付いてきました。

中を見てみると、栗甘納糖・渋皮付栗甘納糖は当然のことながら載っているのですが、「黒豆しぼり」が無い??

どうも、黒豆しぼりは、百貨店のギフトやカタログギフトでのみ取り扱われているようです。
銀座鈴屋のオンラインショップなどでも、取り扱いがありませんでした。

黒豆しぼり、そんなスペシャルなものだったんですね。
物凄く得をした気分になりますね(笑)。

友人に感謝

栗甘納糖・黒豆しぼり詰め合わせが届いてからというもの、お茶の時間がとても優雅なものに感じます。
銀座鈴屋のこの商品が入っているカタログギフトを内祝いでくれた友人に、感謝ですね。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る