医療&施術

貧乏ゆすり(ジグリング)は変形性膝関節症の膝痛に効果あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ニュージーランドのロトルアでハカを見よう
       

ジグリングは、貧乏ゆすり運動であるが、変形性膝関節症の膝痛に効果あることが報告されている

貧乏ゆすりの名の由来

貧乏人は薪を買うお金がなく、寒さに震えているイメージがあり、そこから「貧乏ゆすり」という名がついたと思ってました。
でも、諸説あるようです。
江戸時代に高利貸しのお金の取り立てで、貧乏で金を返せない人が緊張のあまり震えているのが由来というのもあるようです。
また、足をゆすると貧乏神に取りつかれるとの迷信もあったようです。



貧乏ゆすりの原因

これまた諸説あるみたいです。
反射によるものというのが、NHKで放送されたようです。
他にも、下半身の血流が滞ってしまうと、それを解消するために反射的に貧乏揺すりをするってのもあります。
貧乏ゆすりをする人は、椅子に座った直後からでもしてるような気がしますし、意識的にやめることもできそうなので、反射というのも疑問があるところだと思います。
何かに集中した際に脳からの抑制がはずれて、下肢をガタガタと揺らす動きが出てきてしまうとも言えますが。
ほかの原因も考えられています。
貧乏揺すりをしている人は、何かしらの欲求不満、ストレスを抱えていることが多く、
何もしてないと不安なので解消するために貧乏揺すりをして気を紛らわせるというのもあります。
ストレスから脳をリラックスさせるための逃避行動の一種とも考えられています。
なんだか、こんな説があると、貧乏ゆすりをしてる人は、ストレスため込んでいるように見てしまい、本当でなかったら、あまり良い説ではないですよね。
取りすぎたカロリーを本能的に消費しようとするためというのもありましたが、お腹すいているときには、貧乏ゆすりをしないんでしょうか。
由来にあったように、寒いからというのも、この説に入るんでしょうね。
足先が冷えてくると、下肢を動かすことで血液循環を改善したり、筋肉を使うことで熱を生み出そうと、無意識のうちに貧乏ゆすりを始めてしまうんでしょうね。
単純に癖というのが、わかりやすいような気がします。

貧乏ゆすりのイメージ

「貧乏」と名が使われていることからも、あまり良いイメージではないようです。
国によっては、マナー違反となるみたいです。

貧乏ゆすりの効果

循環の改善

貧乏ゆすりによって、筋肉が動くことで血液循環もよくなりリンパの流れが良くなります
その結果、冷え性やむくみも解消されていきます。
また、血栓を予防でき、深部静脈血栓症(エコノミー症候群)の予防にもなります。
飛行機の中で、貧乏ゆすりをするのもありだと思います。

心理的な安定、ストレス発散

貧乏ゆすりをすることで、ストレスを発散させ、精神的に安定するといわれています。
脳内物質の一つであるセロトニンが増えるなどとの研究結果があるようです。

膝痛の軽減

変形性膝関節症に対して、2年間の貧乏ゆすりをさせて効果検証をしたところ、3分の2程度の患者様に効果があったといわれています。
この貧乏ゆすりは、「ジグリング」と名付けられていますが、基本的には同じような動作になります。

この効果検証を行った方法(保存療法)は、実は、ジグリングだけをしたわけではありません。
ジグリングを30分以上、できるだけ長時間続ける
に加えて、
保温しゃがみ込み、立ち上がりの回数を減らす
といったことも同時に行っています。
場合によっては、腹筋や大腿四頭筋を鍛えることもしています。

貧乏ゆすり(ジグリング)の方法

1.椅子に座る。高さは、かかとがしっかり床につくような椅子を選ぶ
2.膝関節の角度は90度
3.片足の足のつま先を床につけたまま、かかとを2センチ程度上げ下げする

もしくは、機械を使う方法もあります。

これを使うことで、食事の時間など、意図しなくても面倒なく簡単にジグリング運動ができます。
実際に、膝関節痛に関する論文作成の際にも、この機械を使用しているようです。
高くはないので、買ってもよいかもしれません。

★公式★送料無料【ポイント10倍】健康ゆすりJMH-100リニューアル【全員プレゼント!グルコロキシン】メーカー1年保証|変形性股関節症足ゆらマシン|家庭用リハビリマッサージ機!365 自動ジグリング貧乏ゆすり器で改善効果!健康

感想(6件)

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る