旅行

富士山の笠雲は天気と関係してるので、自由研究に最適

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
富士山の笠雲
       

富士山の笠雲やつるし雲の意味~天気との関係~

新東名高速をドライブしている時に、富士山の近くに不思議な雲がありました。
この雲は、笠雲(かさぐも)と名付けられています。
どっちでも良いような形ですが「傘」雲ではありません。「笠」雲です。

笠雲と天気

「富士山が笠をかぶれば近いうちに雨」と言われています。
私が見た笠雲の翌日も雨でした。
雲が発生する条件は、上空の空気が湿っている場合なので、雨が降りやすいということなのです。

富士山の笠雲のでき方

上空を流れる湿った空気が、山の斜面にぶつかり、上昇して雲ができます。
山頂付近に静止して見える笠雲ですが、実はこの雲はできては消えてを繰り返しています。
風上側の斜面で雲が発生し、風下側の斜面で雲の粒が消えていく現象を絶え間なく繰り返しているため、見た目には変化がないように見えるのです。
笠雲は、低気圧や前線が接近し、暖かい湿った空気が入ってくると発生するため、天気が崩れることが多いです。
ただ、まれに、悪天候の後に現れることもあり、この場合は笠雲は消失していき、次第に晴れてきます。

いろいろな笠雲の種類

笠雲にも、形によっていろいろ名前がつけられています。
下の方にあるまえかけ笠、上の方のはなれ笠、つみ笠、みだれ笠、ふきだし笠、うねり笠、うず笠、すえひろ笠、れんず笠、よこすじ笠、かいまき笠、えんとう笠、なみ笠、にかい笠、はふ笠、ひとつ笠、おひき笠、とさか笠、われ笠・・・

私が撮った写真は、円盤のように富士山の山頂からずれています。
これは、つるし雲といいます。

笠雲やつるし雲は、レンズ雲と呼ばれる種類の雲の一種です。
先にも書きましたが、どちらも、

上空に湿った空気が存在して、上空の風が強いという状況の時に発生しやすくなります。

雲のできかた

参考までに、雲のでき方についてです。
雲は、空気中の水蒸気がもととなった、小さな水滴や氷の粒(氷晶)の集まりです。。
飽和水蒸気量という言葉を覚えていますか?
気温が高いと、空気中に含むことのできる水蒸気は多くなり、気温が低いと空気中に含むことができる水蒸気は少なくなります。
空気は、地上のほうが温度が高く、上空にいくと温度が下がってきます。
温度が下がることによって、それまで見えない形で存在していた水蒸気が、チリを核として、水滴や氷の粒となります。
この粒は、直径0.02mmから0.2mmといわれています。
これらの集まりが雲になるのです。

ちなみに、地表付近のあたためられた空気が上昇すると気圧が下がり、空気は膨張して温度が下がります。
つまり、上昇気流があると、雲ができやすくなり、しいては天候が崩れる可能性があるのです。

雨のできかた

雲の粒は、気流にのって動き回ります。
そして、他の水滴とぶつかり、より大きな粒へと成長してゆきます。
特に、水滴が上昇すると、気温が下がり、水滴から氷へと変化します。
氷の粒は、他の氷の粒とくっつきやすいので、急速に大きくなってゆきます。
雲の上昇気流でも支えられないほど大きくなると、落下し始めます。
そして、地上付近で気温が高くなると溶けて、水滴になっていきます。
落下の途中でも粒の大きさが違うため落下速度が異なり、落下速度の速い大きな水滴が小さい水滴を飲み込みながら落下してゆきます。
直径5mm以上の水滴になると、抵抗が大きくなり、形が崩れ、複数に分解してしまいます。

雲の粒の大きさは、直径0.02mmから0.2㎜くらいでしたが、雨粒は、直径1mm~2㎜くらいあります。
雲の粒と雨粒の1個ずつの重さをくらべてみると、大きな雨粒は、雲粒の100万倍もあります。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る