交通事故

交通事故で整形外科や接骨院(整骨院)受診に必要な書類や説明事項

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
交通事故で接骨院にかかる
       

交通事故を起こしてしまったら、どうしたらよいか考えたことがありますか?
実際に、交通事故にあってしまうと、パニックになってしまいます。
何をしたら良いのかわからなくなってしまいます。
冷静に対処しなければならないのですが、初めての体験では、なかなかできないものです。
交通事故にあったときには、どうしたらよいでしょうか?。

交通事故で整形外科や接骨院(整骨院)受診に必要な書類や説明事項

事故にあったらまずすること。

事故直後

事故にあったら、急がば回れ。まずは落ち着いて。
でも、すぐに、加害者なら、けが人の救護。場合により、救急車を呼びましょう。
自分が被害者なら、救護される立場ですが、まわりの安全にできる限り配慮しましょう。
道路における危険を防止したうえで、警察に連絡しましょう。
これは、できる限り、被害者も加害者もしたほうが良いです。
そして、小さな事故でも警察に連絡しないと後々トラブルになることがあります。
相手が、その場で示談を持ちかけてきても、断固拒否して、警察に電話しましょう。
警察の現場検証があってから事故扱いとなります。

警察に報告すること

・発生日時
・発生場所
・死傷者の数
・負傷者の負傷の程度
・損壊したものと程度
・危険物の場合などは、車両の積載物
・講じた処置

警察に連絡するには、携帯電話は必須ですね。いつも忘れないようにしましょう。
自分がある程度元気な被害者だったら、周りの写真を撮って、目撃者を捜しておいたほうが良いです。

任意保険の事故対応窓口に電話

被害者でも加害者でも、できるだけ早く、任意保険の事故対応窓口に電話しましょう。
事故時にかける電話番号を確認しておきましょう。
窓口の電話番号が書かれたカードがあると思います。
どこにしまいましたか?すぐに出せるようにしておきましょう。
スマートフォンに登録しておくのも良いかもしれません。
この機会に、確認しておきましょう。

任意保険会社に連絡すること

電話をかけると、たいていコールセンターの方が誘導してくれます。
あまり、心配しなくて良いです。
・加害者の氏名
・住所
・連絡先
・携帯番号・
・加害車両の自賠責保険会社名
・担当者連絡先

つまり、事故後に、加害者の情報を知る必要があります。
自分が加害者と思っても、責任割合があったり、相手との交渉を頼むために、被害者の情報も大切です。
つまり、
・相手の車のナンバー、車種、色
・免許証(相手の住所は、免許証のとおりか確認)
・相手の連絡先(電話は、実際にかかるか試したほうが良いです。)
・社用車の場合、勤務先
・車検証
・自賠責保険
・任意保険
を確認しましょう。
携帯電話のカメラで撮影しておくと良いです。

整形外科や脳外科などを受診する

事故の直後はパニック状態です。
痛みをあまり感じなかったり、気づかなかったりすることがあります。
症状が後から出てくることもありますので、警察、加害者に医療機関に行くことを伝え、軽い痛みでも病院で検査してもらいましょう。
診断書を書いてもらい、警察に提出します。
もちろん、ケガに対して治療を行います。湿布や内服薬が処方されます。
頚椎カラーやコルセットで固定したり、骨折があればギプスを巻いたりします。
事故後は、興奮状態ですが、なるべく安静にして、ゆっくり休みましょう。

その後、リハビリしてみましょうと言われるかもしれません。
でも、お仕事や家事もあるし、なかなか混んでいる整形外科への通院は難しいですよね。
リハビリは接骨院でもできます。
自賠責保険や任意保険では、通院日数も査定の基準だったりしますので、事故にあって痛みを我慢した上に、貰えるお金が減ってしまっては、泣きっ面に蜂ですね。

整骨院や接骨院に転医する

私なら、混んでいる整形外科より、ゆったり痛みをとってくれる、接骨院での治療したいです。
接骨院にかかるには、まず加害車両の任意保険(場合によっては自賠責保険)担当者に、接骨院にかかりたい旨を連絡します。
かかりたい接骨院の名前と連絡先を伝えれば大丈夫です。
おそらく快諾してくれますが、一部の担当者は、渋る可能性もないとは言えません。
というのは、接骨院にかかると被害者へ払う金額が増える可能性があるからです。
場合によっては、痛みがあるのに、治療を終了してしまおうとする担当者もいます。
保険会社と言え、加害者の代理人です。
費用を払いたくないので、できる限り、加害者が有利になるように勧めてきます。
逆に言ってみれば、被害者は接骨院にかかったほうが良いということになります。

相手保険会社の担当者が渋っても、転医は交通事故被害にあった患者の権利です。
といっても、保険会社と仲が悪くなっては困ります。
接骨院を諦めるか、接骨院の担当者に丸投げしてみるのもありかもしれませんね。

そして、整形外科に、接骨院でのリハビリをお願いしてみましょう。
ただ、儲けが減るため、これを良しとしない医師がいるのも事実です。
場合によっては、後遺障害がでても知らないと脅されることもあるようです。
角がたたないように、「こちらに通いたいのですが、時間がないので、融通のきく接骨院に変わりたい」と交渉するのが良いでしょう。

交通事故でかかるのは接骨院や整骨院

交通事故で通えるのは、接骨院か整骨院です。
『整体』『カイロプラクティック』とは、全く違います。
接骨院には柔道整復師という国家資格をもった外傷の専門家がいます。

早く治したいけど、忙しくて、なかなか通えないという人は多いです。
症状が無い訳ではないのに、治療に通ってないからと打ち切りを迫られる保険会社の担当者の方もいて不安になります。
症状が良くなってこないと、もしかして、このままずっと痛みが続くのか???なんて不安にもなってきます。
その不安がまた、心因性の痛みとして症状を悪化させて、なんてこともあるかもしれません。
できる限りの事はしたいですよね。

たいていの場合、整形外科よりも接骨院の方がすいていて、融通が利きます。
じっくり見てくれます。
交通事故にあったら、接骨院も考えてみても良いかもしれません。

整骨院や接骨院で必要な書類や説明事項

整骨院に行くのに、特に書類は必要ありません
相手保険会社に「接骨院を受診する」旨、連絡するだけです。
もちろん、あとから保険会社に提出する書類をかかなければならないです。
ですが、事故の日付や事故現場の地図とか状況くらいで難しいことはありません。
接骨院の通院日数などは、接骨院の先生が丁寧に教えてくれるはずです。
融通が利くのも接骨院ですので、他のわからないところも相談にのってくれるかもしれません。
ただ、書類作成や交渉などは、さすがに業務外になるので、してはいけないのでやってくれないはずです。
どうしてもというときには、弁護士さんに相談するしかないですね。

整形外科や整骨院や接骨院で必要な説明事項

普通の問診に加えて、
・事故の状況(日時・場所・受傷状態・過失割合)
・車両の破損具合
・接骨院や整形外科では、整形外科の診断書の有無
・他院での通院の有無
・相手の損保会社名
が聞かれます。
事故の状況によっては、健康保険の方が患者様が有利になるので、良い接骨院ならアドバイスしてくれるはずです。

交通事故で接骨院にかかるまとめ

・交通事故にあったら、警察に届け出る
・整形外科にかかる
・落ち着いたら、じっくり治療するため接骨院にうつる
・うつる際には、相手の保険会社に連絡
(断られるときには、弁護士とも相談する)
・接骨院のほうが、患者に有利になることが多い

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る