ガジェット

スマホのカメラの調子が悪かったのでドコモショップに行ってきた件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

買って半年も経ってないスマホ、XPERIA SO-01Lのカメラの調子が悪くなった(困)

それは突然起こりました。

今まで何の問題もなく使っていたスマホのカメラ。 ある日、写真を取ったら写真を撮った状態でフリーズしてしまいました。 その時は、たまたま調子が悪かったのかな?位に思ってたのですが、日を追うごとにフリーズが頻発するようになりました。

フリーズするようになって日が浅いときは、一定の時間が経つとまた普通に動いていたのですが、フリーズ状態が長くなり、フリーズ状態の後カメラを強制終了されたりと、どんどん悪化していき、ついには”エラー カメラのアプリを終了するか、本体の電源を入れなおしてください”なんてメッセージが出る始末。

うん、確実に不具合だなと確信しました。

ちなみに、機種はXPERIA SO-01Lです。まだまだ、中古価格も高いままです。

【中古】【安心保証】 docomo SO-01L ホワイトシルバー

まずはDOCOMOの予約から

ご存知の方も多いと思いますが、DOCOMOは2019年から予約制を導入しています。

一番近いDOCOMOショップは、すでに予約制になっていたため、不具合を相談するには、まずは予約を取らなければいけません。

予約は

  • web予約
  • 電話予約

が選べます。 電話があまり好きでない私は迷わずweb予約にしました。

DOCOMOのホームページに行き、来店予約のページから店舗を指定して予約をクリック。

DOCOMOのホームページから予約ができます。

行きたいショップの県→市町村→店舗名を選んでいきます。 (店舗名の営業時間に、予約制を導入しているかどうかが書かれているので、チェックしてくださいね。予約制を導入していない場合は、今まで通り直接店舗に行くことになります。) 店舗名をクリックすると、このような店舗の詳細が出てきます。 ここで、この店舗の来店を予約するをクリックします。 (DOCOMOのホームページにログインしていない場合、ここでdアカウントでログインをしなくてはいけません。)

来店予約をクリックします。

そして、受付内容を選択します。

受付内容を選びます。

”不具合”の項目がなかったので、”故障”を選択しました。

故障を選択しました。

すると、”故障の診断”なるボタンが。

故障の診断をしてみます。

なるほど、もしかしたら自己解決できるかも、と思い、来店予約をする前に故障の診断をしてみました。 ”故障の診断”をクリックし、”故障に関するご案内”を開きました。その中の”ケータイトラブル診断”をクリック。

故障に関するご案内をクリック。
ケータイトラブル診断をクリック。

そして、スマホの種類はAndroidを選択し、カメラ・データ・SDカードのトラブルの中の”カメラの動作がおかしい/撮影できない”をクリックしました。

Androidを選択。
カメラの症状を選択

そして、質問に答えていき、出た回答が

充電不足。

結果は・・・。

うーーーーーーん・・・・。納得できない!

実は、そう思ってばっちり100%充電されたときに、カメラのアプリだけを起動させて試してみたこともあったのですが、フリーズすること多々。 なので、この診断結果は当てにならないと自己判断し、結局来店予約することにしたのでした。

来店予約をクリックすると、カレンダーと時刻が書かれた表が出てきて、予約状況の確認ができます。

空きのある日と時間を確認できます。

私が予約をしようと思い立ったのが土曜日、そして、予約状況で一番早く来店できるのが水曜日の午後1時30分・・・・。同じ水曜日でも午前中や午後の遅い時間はすべて×か△でした。 この状況、平日仕事がある人はどうしたらいいんでしょうね??土日はほぼほぼ×ばかりだったし・・・。予約制ではないDOCOMOショップに行くか、相当先の予約を取るかしかないんでしょうかね??

まぁ、早い方がいいだろうと水曜日の午後1時30分に予約を入れました。 予約を確定する前に、連絡先などを入力し、予約は完了です。

予約した直後に、連絡先で選択したメールアドレスに来店予約受付完了の案内メールが届きました。

確認メールが届きました。

いざDOCOMOショップへ

当日、時間通りにDOCOMOショップに向かいました。 もちろん、スマホと、一応購入時の書類を持っていきました。(結局購入時の書類は必要ありませんでした。)

受付で名前と予約時間を告げると、すんなりと案内されました。 店内を見回しても、ごった返しているわけでもなく、どちらかというと空いていました。予約制度導入の効果なのか、ただ単に平日昼間だったからなのか、どちらなんだろう?

とりあえず、待合のテーブルで待っていると、担当の男性スタッフの方が登場です。 手に、私のデータが書かれた紙を数枚持ってるのが見て取れます。 まず、どのような症状があるのかを説明するとあっさりと

「メーカー預かりとなりますかね~」

と言われちゃいました。 まぁ、ですよね。DOCOMOショップで修理まではしていないでしょうから。

でも、メーカーに送ってそこで点検修理となると2~3週間かかるとのこと。 ううう、結構長いな・・・。 だからと言って、このまま放置しておいても症状が改善されるわけもないので修理をお願いすることにしました。

すると、突然にDOCOMOクレジットカードの営業が始まり(笑)、その他何とかパックの営業も始まり、申し訳ないけれど興味がないですとお断りすると、しつこく進められることもなく

「では、手続きはカウンターでお願いします」

と、担当さんが交代になりました。

カウンターに行くと、今度の担当は女性スタッフの方でした。 まず、本人確認として身分証明書の提示をお願いされました。運転免許証を持って行ってよかったー。 免許証を提示すると、次に症状を詳しく聞かれました。 毎回フリーズするわけではない、そしていつ起こるかわからない、ドコモの公式サイトの故障診断をして、診断結果が充電不足と出たがフル充電の状態でも起こることなどを説明しました。

すると、「今カメラを使うことができますか?」と聞かれたので、カメラアプリを立ち上げ写真を撮ってみました。

でも、そういう時に限ってちゃんと作動するんですよね~。

なので、今は順調に動いてます・・・と小声で伝え、その後もひそかに写真を撮り続けた結果、望んでいた症状が発生しました! なので、意気揚々とエラーメッセージが出たスマホをスタッフさんに見せると、そのメッセージをパソコンに入力しているようでした。

その後、スタッフさんから「アウトカメラ、インカメラどっちでこの症状が起こることが多いですか?」など質問をされ、それに答えて症状確認は終わりました。 詳しい症状などはパソコンに入力してもらい、メーカーに申し送りされるとのことでした。

買ってからまだ半年も経っていないスマホの不具合なので、1年間のメーカー補償の対象となり、無料で点検修理ができるとのことでした。

よかったー!

書類の説明は相変わらず大変!

スマホを購入するときもそうですが、確認書なる書類の説明を受けます。

今回も文字がびっしり書かれた故障受付に関する確認書が3枚ありました。

大事なところは、担当スタッフさんが蛍光ペンで線を引いてくれました。

まずは、修理が完了したらメッセージRで連絡が来るという事。このメッセージRを受け取った後、再び予約をして取りに行かなければならないそうです・・・。 予約、すぐに取れるといいんだけれど・・・。

次に、データは初期化するという事。これは、代替機にデータを移し替えた後、ドコモのスタッフではなく自分で初期化をしなくてはいけないとのことでした。

3つ目は、メーカーに送った後に、ソフトウェアの改造や、ドコモ指定の故障取扱窓口以外で修理の痕跡が見つかった場合は、修理を行わずに返却される可能性があること。まぁ、これは自分が全くしていない自信があるので、心配はしませんでした。

4つ目は、dアカウントの自動設定ができます、ということ。

5つ目は、代替機についてで、液晶破損や改造、紛失、盗難などがあった場合は、負担金5,000円を支払わなければいけないこと。これは気を付けないと!うっかり落として液晶が割れてしまうなんてことがないように、丁寧に扱わなければ!

6つ目は、代替機の返却時に初期化をするので、代替機のデータのバックアップをとるようにとのお願い。これも、返却当日の朝にパソコンにバックアップを取るのを忘れないようにしなくては!

最後に、wi-fiのアドレスの設定変更、再登録をしてください、という事。

その他の項目に、ざっと目を通して署名をしました。

ふぅ~、相変わらず確認することが多くて大変!説明するスタッフさんも大変だろうなぁ。

代替機 XPERIA SO-02J Soft-Pinkを借りました

メーカーで預かる期間が2~3週間と長いので、その間は代替機を借りることができました。 代替機はこんな袋に入ってやってきました。 ちなみに、この袋に入れて返却してくださいね、と念押しされました。結構袋捨てちゃう人多いんだろうな(笑)。

忘れずに返却しなくては!

代替機はXPERIAのSO-02J Soft-Pinkでした。コンパクトサイズなので、自分のスマホよりだいぶ小さくなりました(笑)。 発売日は2016年11月なので、2代くらい前の機種になるのかな? でも、元々スマホにアプリを山のようにインストールするわけでもなく、動画をすごく観るわけでもないので、この機種の性能でも十分代替機として活躍してくれそうです。

代替機:XPERIA SO-02J Soft-Pink。

中古価格を調べると、かなり安いですね↓

【最大3000円OFFクーポン配布中!ポイント最大23倍!】中古スマートフォンSONY Xperia X Compact docomo(ドコモ) ソフトピンク SO-02J/PK 【中古】 SONY Xperia X Compact 中古スマートフォンク?

代替機へデータコピーしてもらう

まず、スタッフさんが修理に出す私のスマホから、SDカードとSIMカードを抜きだし、代替機にセットしてくれました。

そして、 「データコピーのアプリを立ち上げてください。そして、右上にある3つの点を押してください。アプリ情報をクリックしてください。はい、最新バージョンの確認をしてください。」 と、流れるように説明を受け、データコピーのアプリを最新のものにしました。

まずデータコピーのアプリを立ち上げ
右上の点をクリックし
アプリ情報をクリックし
最新バージョンかどうかを確認し巻いた。

ほんと、ドコモのスタッフさんの知識量はすごい!

データコピーアプリを最新のものにすると、これまたぱぱぱぱっと設定をしてくれて、 「今、データのコピーをしています。残り時間25分と出てますけど、だんだん短くなりますので、そんなにかかりませんよ。では、データコピーが終わるまで、待合でお待ちくださいね。スマホ同士あまり離さないようにしてくださいね。データコピーが終了したら近くにいるスタッフ誰にでもいいのでお声がけくださいね。」 と、いつの間にかデータコピーまでしてくれていました。

って、え?スマホ、スマホ同士ケーブルとかでつないでなくてもデータコピーできるの?え?ハイテク? 技術の進歩についていけず、ぽかーんとデータコピーが終わるまでスマホを見ていました(笑)。

結局、10分程度でデータコピーは終了しました。

なので、近くのスタッフさんに声をかけると 「まずは、データの確認をしてくださいね。」 と言われたので、代替機のアルバムや、メール、連絡先などを確認すると

す、すごい!全部ちゃんとコピーされてる!!(当たり前)

スタッフさんに大丈夫な旨を伝えると、次は修理に出す私のスマホの設定アプリから、システムをクリックし、リセットを選択し、初期化のボタンを出してくれました。 「では、この初期化ボタンをクリックしてください」 なるほど、この最終的なボタンはスタッフさんは押さないわけですね。あくまでも、持ち主本人が初期化しなければいけないということみたいです。

設定のアプリを立ち上げ
システムをクリックし
リセットをクリック!これで初期化されます。

ドキドキしながら初期化ボタンをクリックすると 「では、これで作業は完了です。スマホお預かりさせて頂きますね。」 と言われ、すべての作業は終了となりました。 来店から終了まで1時間弱で終わりました。 確かに、予約制だと待ち時間がない分すべてが早く進みました。

アプリ設定が面倒だけどやるしかない

DOCOMOショップから帰ってまず取り組んだのが アプリのインストール です。 連絡とるためのアプリやら何やら、とりあえず必要不可欠なアプリをインストールし、ログインし、結構面倒くさかったです。 自分のスマホが修理から返ってきた時も、同じことをしなければいけないので、それを考えるとちょっと気が重いです・・・。

あ!書くのを忘れていましたが、修理に出したスマホに画面保護フィルムを貼っていたのですが、それはおそらく剥がされるとのことでした。 まぁ、修理するんだから仕方ないですよね。でも、結構いいお値段の保護フィルムだったから、ちょっと悲しい気持ちです。 アプリのインストールと共に、保護フィルムを貼る作業もしなくては・・・。 保護フィルム、買って来よう。

後日報告します

さて、私のスマホなぜ不具合になったのか、また後日に報告します。お楽しみに?

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る