未分類

もうスーパーで迷わない バラ肉 切り落とし 細切れの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
waytocutmeat
       

お使いもこれで大丈夫 バラ肉 切り落とし 細切れの違い

スーパーに買い物に行って、お肉コーナーに立ち寄るとよく見かける
バラ肉
切り落とし
細切れ/小間切れ
の文字。
どれも、細かくスライスされたお肉が入ったパッケージですよね。
皆さん、この違いはっきり知っていますか?

バラ肉とは

まず、バラ肉のバラはバラバラに切られたお肉から来ているわけではありません(笑)。スライスされたものだけでなく、厚切りや、ブロックで売られていることもあります。
バラ肉とは、主にあばら骨の周辺のお肉のことを指します。あ「ばら」骨周辺のお肉だから、バラ肉というわけです。牛肉の場合は、あばら骨の外側が肩バラ、内側がともバラと呼ばれています。
骨付きで売られている場合、名前はスペアリブになりますし、焼き肉屋さんでは名前はカルビになります。(韓国語であばら骨周辺のお肉のことをカルビというからです。)
特徴としては、赤身と脂身が層になっていて、こってりとしています。豚バラ肉からはベーコンなども作られています。
焼き肉や角煮、チャーシューなどに向いているお肉です。

切り落としとは

切り落としとは、肉を加工する過程でできた半端部分をスライスしたものですが、一定の部位の半端部分のスライスを指します。
なので、「モモ切り落とし」とか、「ロース切り落とし」など、切り落としの前に部位名が書かれていることが多いです。
例えば、脂身がそんなに必要なければ、「モモ切り落とし」を、こってりとしたものがよければ「ロース切り落とし」など、料理によってどの部位の切り落としにするか選べるということです。

細切れ/小間切れとは

細切れも小間切れもどちらも同じ内容で、漢字が違うだけです。
細切れも、肉を加工する過程でできた半端部分をスライスしたものなのですが、切り落としとは違い、部位が決まっていません。
細切れと書かれたパッケージの中には、ロースも、肩も、モモも含まれている可能性があるというわけです。
どの部位の肉が入っているかわからない細切れですので、お値段もとてもお手頃です。買うときは、パッケージの中をよく見て「高そうな部位」が沢山入っている細切れを選ぶとお買い得感が上がります。
野菜炒めや、焼きそばなどの具材として使うことが多いです。

では、ひき肉とミンチの違いは?

あと、スーパーのお肉コーナーでよく見かけるのが「ひき肉」と「ミンチ」。
これらに違いはあるのかというと、実はありません。
同じものの呼び方が違うだけです。
ひき肉は挽肉と書き、挽くとは“ひき臼やその他の道具などで、粒状のものや、肉を細かくすること”(三省堂大辞林より)なので、肉の塊から細かくされたお肉というわけです。
一方、ミンチとは和製英語で、英語のmince(ミンス)から来ています。minceは“細かく切り刻む・挽く”という意味の動詞です。英語で挽肉はminced meat(挽かれたお肉)となります。本来ミンチ(mince)自体にお肉の意味が含まれていないため、ミンチ肉と書かれることもあります。

この違いをはっきりと覚えておけば、お使いを頼まれた時も間違わずに済みますね。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る