未分類

親子DNA鑑定をする2つの理由~9%の女性が夫以外の男性に托卵!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
托卵女子
       

托卵(たくらん)はカッコウだけじゃない

托卵(たくらん)とは、自分の卵の世話を他に託する動物の習性です。
鳥類のカッコウが托卵するのは有名な話です。
しかし、この「托卵」が人間界でも行われているのです。

托卵を一躍有名にしたスキャンダル

この人間界の「托卵」を一躍有名にしたのは、元光GENJIの大沢樹生さんと、喜多嶋舞さんでしょう。
二人は1996年、いわゆるできちゃった婚をし、1997年に長男が誕生したものの、2005年に離婚してしまいます。
離婚後の2007年に喜多嶋舞さんが再婚、そして2008年には大沢樹生さんが再婚します。
2005年の離婚から、2008年の再婚までの3年間は、大沢樹生さんがシングルファーザーとして長男を育てていました。
そして、2013年DNA鑑定の結果により、大沢樹生さんと長男の血縁関係がないことが判明しました。

きっかけは自分のDNAに対する不安

大沢樹生さんがDNA鑑定をしようと思ったきっかけは、現在の妻との間の赤ちゃんが死産したことだったようです。
喜多嶋舞さんとの間にできた長男も、生まれた時から病気があったため、大沢樹生さんが「自分の遺伝子に問題があるのでは?」と不安になり、鑑定をしたと本人がインタビューで答えています。
その結果が、まさかの長男との血縁関係0%というものだったのです。
その後、大沢樹生さんは喜多嶋舞さんに対し、長男が大沢さんの実子かどうかを確認する訴訟を起こし、親子関係は無いと判決が出ています。

DNA鑑定は簡単にできるように

大沢樹生さんの訴訟の判決に大きな影響を与えたDNA鑑定ですが、今はとても簡単に行うことができます。
インターネットで申込もでき、DNA採取も綿棒で口内の細胞を取るだけ、値段も法的鑑定なら約6万円~、私的鑑定なら約2万円~と、べらぼうに高い訳でもありません。
鑑定を行っている会社も多数存在しています。

鑑定を希望する2つの理由

鑑定希望の理由は大きく分けて2つあります。

まず1つめは、体外受精を行った夫婦が病院で取違がなかったかの確認のため、というものです。実際、取違問題が起こっているので、その不安を解消するためにDNA鑑定を受けるそうです。
そして2つ目は、夫が妻の浮気を疑った場合と、浮気をしている妻が「どちらの子」かを確認する場合だそうです。
残念なことに、2つ目の理由で鑑定を依頼された場合、約半数が親子関係がないという結果が出るそうです。(浮気をしている妻の場合、現在の夫と子供の親子関係がないということ)。

不安に思う男性は意外と多い?!

女性の場合、自分が産むので、自分の子どもだとはっきりわかりますが、男性の場合、妻から生まれた子どもが自分の子どもかどうかは、はっきりとわかりません。妻を信じるよりほかないということなのです。
男性の中には、子供が自分に似ていなかったり、結婚前に妻がとてもモテていたりすると「もしや?」と不安に思うことがあるのだそうです。
また、祖父母が「孫が自分の子どもの幼少期と似ていない」など、疑問を抱くこともあるそうです。

約9%の女性が夫以外の男性に托卵か?!

「マインドソナー」というアンケート会社が行ったアンケートでは、アンケートに回答した323人のうち、30人が「夫以外の男性との子どもを夫に育てさせている知人がいる」そうで、約9%の割合で托卵されている男性がいるという結果になったのです。
意外と多いと思いますか?少ないと思いますか?

科学鑑定が発達した今、親子鑑定がはっきりできるようになりました。
知らずに一生を終えるのが幸せか、真実を知るのが幸せか・・・。
難しい問題ですよね。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る