未分類

小さいけれど栄養たっぷり ブルーベリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
blueberry
       

効能色々 美味しい果物ブルーベリー

今や、日本のスーパーでも普通に見かけるようになったブルーベリー。
日本にブルーベリーが入ってきたのは第二次世界大戦後の1951年ですが、一般的にブルーベリーという果物が日本人に知られるようになったのは1980年代の後半になってからなのです。
そんなブルーベリーに関して、どんなことを知ってますか?

そもそもブルーベリーとは

ブルーベリーとはツツジ科スノキ属シアノコカス節に分類される植物で、北アメリカ原産の落葉低木果樹の総称です。ブルーベリーの元となった植物は南アメリカにあったのですが、カリブ海を超え北アメリカで進化をしブルーベリーとなりました。
日本では、長野をはじめ甲信越・関東エリアでの栽培が盛んです。
日本で栽培されているブルーベリーは
・ハイブッシュベリー
・ラビットアイブルーベリー
・ローブッシュブルーベリー
の3種が主です。

ハイブッシュブルーベリーの特徴

日本で一番栽培されている種類のブルーベリーです。
寒冷地・高冷地で栽培されており、樹高は1.5m~2.5mです。
粒が大きいのが特徴です。

ラビットアイブルーベリー

その名が示す通り、果実が熟成する前にウサギの目の色のようになります。
樹高は3m~4mです。
この種は、他家受粉であるため栽培する時は必ず他の品種と一緒に育てる必要があります。
粒は小粒で味もしっかりしています。皮が固めなので、ブルーベリージャムを作るのによく使われます。

ローブッシュブルーベリー

こちらもその名の通り、樹高が15cm~40cmと低いのが特徴です。
樹高が低いため家庭菜園に向いている種です。
粒は3種の中で一番小さく、収穫後はほとんど冷凍保存されます。スーパーなどで見かける冷凍ブルーベリーはこの種であることが多いです。

目にいいと言われるようになったきっかけ

今やブルーベリーは目にいい果物として知られていますが、そのきっかけは空軍パイロットだったというのはご存知ですか?
第二次世界大戦中、イギリスの空軍のパイロットが毎日のようにブルーベリージャムを塗ったパンを食べていたところ、夜間飛行をしていても「薄明りの中でもはっきりと周りの景色が見えた」と発言したため、ブルーベリー=目にいいと思われるようになったのです。

ブルーベリーは視力回復に有効?

それ以降、いろいろな国でブルーベリーの効能について研究が行われましたが、「視力回復」に効果があると結論付けるにはまだデータが足りないそうです。
しかし、「目にいい」というのは間違いなさそうです。

ブルーベリーの栄養

ブルーベリーにはポリフェノールの一種のアントシアニンが含まれています。これが「目にいい」として知られています。
なぜなら、アントシアニンは、目が網膜に光を感知して脳に信号を送る時に使われるロドプシンというたんぱく質が活性酸素で傷つくのを防いだり、体内で再合成されるのを助けたりすると言われているからです。
アントシアニンはその他にも抗酸化作用、一部のがん細胞やヘリコバクター・ピロリ菌が増えるのを抑える作用、炎症を抑える作用などがあると報告されていますが、これらはどれもまだ試験管内でのデータです。もっと研究が進めば人間の体内でも同様の作用が発揮されるかもしれません。
ポリフェノールの他にも、ブルーベリーは色々な栄養素を含んでいます。
まずは、食物繊維。ブルーベリーの中にはなんとバナナの2倍以上もの食物繊維が含まれています。また、タンニンやペクチンも含まれているので、腸の粘膜を保護したり、便の硬さの調整など、整腸作用に効果があります。
そして、ビタミンA・C・Eも多く含まれています。ビタミンAには目や皮膚などの粘膜を保護したり、夜盲症を防ぐ働きがあります。ビタミンC・Eには抗酸化作用があるのでアントシアニンと同じような効果が期待できます。
その他にも鉄や亜鉛などのミネラルも含まれています。
一粒一粒は小さいけれど、その中に栄養がギュッと詰まっているのです。

旬は夏 でも旬が過ぎても

ブルーベリーの旬は夏です。夏になると多くのブルーベリー農家さんがブルーベリー狩りなどを行っています。熟した摘みたてのブルーベリーはとても美味しいですよね。
では旬が過ぎてしまったら食べられないのか?というと、そうでもありません。
冷凍ブルーベリーがあるからです。
冷凍にすると味や栄養素が落ちるのでは?と心配されるかもしれませんが、安心してください。
なんと、ブルーベリーは冷凍することによって栄養価がさらに上がるのです。
ブルーベリーは冷凍すると皮の細胞が壊れるので、より効果的に栄養素を取ることができるようになるのです。
含まれる栄養素の中でもアントシアニンとビタミンCが冷凍することによって栄養価が上がることがわかっています。
凍らせたまま、ヨーグルトやドリンクと一緒に食べるのもいいですし、自然解凍して食べるのもいいですし、自分なりの冷凍ブルーベリーのレシピを考案するのも楽しいかもしれませんね。

美味しく食べて健康に!ブルーベリーはそんな理にかなった果物の一つですね。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*