医療&施術

お酒が飲めない人にサプリメント「よいとき」は効くのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

お酒が本当に「毒」になる場合も!

今の季節、新年会も一段落しましたが、またすぐに新人歓迎会などお酒を飲む機会が増える時期がやってきますね。
一気飲みや、飲酒の強要は「絶対ダメ!」という認識は広まりつつありますが、多量にお酒を飲まなくても、ひどく酔っ払ってしまう人もいるのはご存知ですか?

お酒を飲むとどうなるの?

では、まず私たちがお酒を飲むと、体の中でどのような変化が起こっているかを説明していきます。
お酒を飲むと、胃や腸から吸収されて肝臓に届きます。そして、アルコールが届くと肝臓はとっても一生懸命働いてくれます。
まず、肝臓の中にある「1B型アルコール脱水素酵素」(以下DH1Bと表記)によって、アルコールをアセトアルデヒドに分解してくれます。
次に、これまた肝臓の中にある「2型アルデヒド脱水素酵素」(以下ALDH2と表記)で、アセトアルデヒドを酢酸に分解してくれます。
この酢酸が、水や二酸化炭素に分解され汗やおしっこになって体外に出ていく、という流れになっています。
そう、肝臓の中の酵素が物凄く頑張ってくれているのです。

アセトアルデヒドは有害物質!

このお酒を飲んだ時に発生する、アセトアルデヒド。実は有害物質なんですよ。
アセトアルデヒドは、吐き気や、呼吸促拍(こきゅうそくはく:呼吸数が増えて、なおかつ呼吸が浅くなる症状)、心悸亢進(しんきこうしん:心臓の拍動数が増える症状)などの生体反応を、アルコールよりも数倍強く引き起こすのです。
このアセトアルデヒドが、分解されずに体の中に残ることでいわゆる「悪酔い」の状態が続いてしまうのです。

アセトアルデヒドを分解できるかどうかは遺伝で決まる

アセトアルデヒドを分解する酵素、ALDH2の働き具合は遺伝で決まります。つまり、両親ともいわゆる「お酒に強い人」なら、子どももお酒が強いというわけです。
なので、成人してからお酒を飲む訓練をしたらALDH2が増えてお酒が強くなる、という事はあり得ないのです。練習したらお酒が飲めるようになったという人は、もともとALDH2がきちんと働く人だったわけです。

黄色人種(モンゴロイド)だけに見られるALDH2の欠損

不思議なことに、人類が黒人・白人・黄色人種に分岐した大昔、黄色人種だけALDH2が働かない、「ALDH2の欠損」、が起こったそうです。理由は何なんでしょうね?神様のいたずらとしか言いようがないですよね。
そんな太古から脈々と、ALDH2の欠損は黄色人種に受け継がれてきているのです。
ちなみに、このALDH2が欠損している率は、
日本人 44%
中国人 41%
フィリピン人 13%
であるのに対し、
ドイツ人 0%
エジプト人 0%
フィンランド人 0%
とあからさまに違いがあります。これを見てもわかるように、白人・黒人はアセトアルデヒドを分解できない人は居ないのです。
ビールやワインをまるでお水のように飲んでいるのも納得ですよね。

ALDH2の欠損にも種類がある

ALDH2の欠損にも二種類あり、低活性型(ALDH2が欠損していない活性型の16分の1しか働かない)と、不活性型(ALDH2が全く働かない)があります。
低活性型は、ALDH2が欠損している日本人の40%を占めています。低活性型だと、多少お酒を飲むこともできます。
しかし、4%の不活性型の人はアルコールが「飲めません」。もっと言うと「飲んではいけない」のです。なぜなら、ALDH2が働かず少量のお酒でも悪酔いの症状が出てしまうのです。そして、分解されないアセトアルデヒドは、前にも述べた通り、有害物質なので不活性型の人は「お酒を飲むこと」=「毒薬を飲むこと」になってしまうからです。
ですので、不活性型の人はお酒を飲むことは避け、周りの人にも自分の体質をきちんと説明しておいた方がいいでしょう。

自分のALDH2の型を知るには?

では、自分のALDH2はどの型なのかを知るにはどうしたらいいのでしょう?
正確に知るには、遺伝子検査を受けるしかありません。
もちろん、医療機関で検査を受けられるところもありますが、今の時代、郵送で検査をしてくれる研究機関もあります。
ネットで調べてみると、爪によるアルコール感受性遺伝子検査や、頬の内側を専用の綿棒でこすって調べるアルコール体質遺伝子検査などをしてくれる研究機関がありました。
これらの検査を受けた場合、ALDH2の型と一緒にADH1Bの型も特定することができます。
ですので、自分のALDH2が活性型・低活性型・不活性型のどれか、そしてADH1Bが高活性・活性・低活性のどれかがきちんとわかり、自分のお酒に対する耐性や、注意点をきちんと分析もしてくれます。
価格は5,000円ほどでした。自分のお酒に対する耐性をきちんと知ることができ、上手にお酒と付き合うことができるのならば、お手頃な値段ではないでしょうか?

アルコール脱水素酵素やアルデヒド脱水素酵素が含まれるサプリメント

キユーピー よいとき(2粒*5袋入)【キユーピー】

価格:689円
(2019/2/18 20:13時点)

キューピーから、「よいとき」というサプリメントがでています。
このサプリには、「酢酸菌酵素」が含まれており、そのなかにアルコール脱水素酵素アルデヒド脱水素酵素が含まれています。
酢酸菌というのは、アルコールからお酢を作る菌のことです。ちなみに、調味料のお酢は、上で書いた酢酸と同じですですので、酢酸菌のアルコール分解は、ヒトの体の中でのアルコール分解とそっくりですね。

ALDH2が不活性型の人などは、外からこの酵素を入れたら、お酒が飲めるようになるのでは?と思いますよね。
でも、残念ながらそのサプリを飲んだところで、酵素そのものが人体に取り込まれて、血中のアルコールやアセトアルデヒドを分解することはないと思われます。
このサプリメントが役に立つとすれば、お酒を飲む前でしょう。お酒を飲む前にこのサプリを飲み、アルコールが胃や腸から体内に取り込まれる前に、胃の中でサプリにがんばって分解してもらうと、悪酔いするのを防げるかもしれません。でも、酵素がどのくらい胃酸でこわれてしまうのかや、酵素がこわされなずに腸内に届いた場合、腸内でどれくらいアルコールが分解されるかも調べられませんでした。
それでも、気持ち的にないよりはマシかもしれません。どうしてもお酒を飲まなきゃいけない人は、このサプリを使ってみるのもありかもしれませんね。

AMAZON↓

よいとき 2粒×5包

ウコンは効果がない!?

ウコンも有名ですよね。ウコンは、肝臓の機能を高めます。
酵素がしっかり働く人には、肝臓でのアルコール分解を促進するために効くかもしれません。
ですが、もともと酵素が不活性型の人の肝臓の機能を高めても効果はありません。

まとめ

・アルコールが体内で分解されるとアセトアルデヒドという物質ができる。
・アセトアルデヒドは人間にとって有害物質である。
・日本人はアセトアルデヒドを分解する力が弱い、または分解できない人の割合が多い。
・アセトアルデヒドを分解するにはALDH2という肝臓にある酵素が関係している。
・ALDH2の酵素の型は遺伝によって決まっている。
・ALDH2が不活性型の人は、お酒に弱いのではなく、お酒が飲めないので、飲まない方がよい。練習すればお酒が飲めるようになるということはない。
・自分のアルコール体質は遺伝子検査でわかる。
・遺伝子検査は郵送でもできる。
・ウコンは、ALDH2が不活性型の人には効かない。キューピーのよいときは、試してみる価値はあるかも。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る