整骨院・接骨院

マイナ保険証 今日から本格運用だけど…接骨院はどうなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

マイナ保険証の本格運用が始まります

マイナンバーカードが保険証にもなるマイナ保険証

2021年10月20日から、マイナンバーカードが保険証としても使える、いわゆる「マイナ保険証」の本格運用が始まります。

以前から、始まる始まるとは聞いていましたし、なんなら記事でも書きましたが、新型コロナのパンデミックでパニックになってしまい、どうなっているのかチェックしていなかったので、本音は「え?今日からだったの?」という感じです。

マイナ保険証、医療機関でどうやって使うの?

マイナ保険証にした場合、医療機関ではどうやって使うのかと言うと、医療機関にある、専用の機械(カードリーダー)にかざすそうなのですが…。

10月10日現在で、マイナ保険証が使える医療機関や薬局は、8%だけだそうです。もちろん、全国で、です。

マイナ保険証が使える松阪市内の医療機関

三重県でも使える医療機関があるのだろうかと、調べてみました。

すると、三重県内では172の医療機関で利用できることがわかりました。思ってたよりたくさんありました(笑)。

そして、松阪市内でマイナ保険証が使える医療機関は

  1. 松阪厚生病院 
  2. おおたクリニック 
  3. 松阪市民病院 
  4. 済生会松阪総合病院 
  5. 松阪中央総合病院 
  6. とみだ整形外科

の6施設でした。(2021年10月17日現在)
松阪市内の歯科や薬局では、まだどこもマイナ保険証が使えないということですね。

ちなみに、マイナ保険証が使える医療機関には、「マイナ受付」と書かれたステッカーが貼られるそうです。

接骨院でもマイナ保険証は使えるの?

さて、松阪こた堂接骨院も保険診療を行っています。ということは、保険証の提示をお願いしているということです。

なので、マイナ保険証が使えるのか?というと

今のところ使えません!

まずは医療機関から

マイナ保険証の読み取り機械は、まず医療機関(医科・歯科・薬局)が先に設置されるらしく、接骨院などはその後になるようです。
今のところ、令和4年から始まるらしいですが…。
それまでに、どれくらいの医療機関で機械が普及しているんでしょうね?

マイナ保険証受付のための予習をしてみたけれど

接骨院への設置はまだ先になりそうですが、一応予習でもしてみるかな、と厚生労働省保険局によって令和3年2月に作られた「オンライン資格確認導入に向けた準備作業の手引き」なるものを読んでみました。

‥‥導入するには色々ハードルが…。

まずは、医療機関等向けのポータルサイトでアカウントを作り、顔認証付きカードリーダーを3社の中から選び申し込んで、システムベンダーに発注して、オンライン資格確認利用に申込して、機械設置して、テストして、運用開始して、補助金申し込む…。

こ、これ、個人経営の小さい接骨院でもしなくてはいけないんですかね?
中々に難しそうです。

もう少し時が経てば、接骨院のための講習会とかあるかもしれないですし、様子見するしかなさそうですね。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る