交通事故

接骨院と整骨院の違いはイメージ!整体、マッサージ受けるなら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
接骨院と整骨院、整形外科、整体、マッサージ、カイロの違い
       

整体、マッサージを受けるなら接骨院か整骨院で決まり。でも、違いは何?

接骨院と整骨院の違い

接骨院整骨院は、どちらも柔道整復師による施術所になります。
柔道整復師は、医師などと同じ医療系の国家資格となります。
医師が「医院」「クリニック」をつくれるように、柔道整復師も「接骨院」「整骨院」をつくれます。
医療系の資格でも看護師や理学療法士は、看護院や理学療法院を作れないので、医療系資格の中でも、柔道整復師は独立性の高い人気資格と言えます。

そして、「接骨院」と「整骨院」の違いは、「医院」と「クリニック」の違いと同様です。
「接骨院」と「整骨院」の名前による業務内容に差はありません。
ただし、法律上の正しい名称は「接骨院」になります。
昔は、整形外科と紛らわしいなどと「整骨院」の名前が禁止されている地域もあったようですし、「整骨院」は一般的ではありませんでした。
昔からやっている施術所は、ほとんど「接骨院」と名乗っているはずです。
今でも、法規通りにしようと思っている真面目な人や、昔の柔道整復師に師事した人や、厳格な柔道整復師の集まりの会員なんかは、「接骨院」を名乗る傾向にあると言えます。
しかし、接骨院には、骨のイメージがあって気軽に入りづらい雰囲気です。
整体に近い院にしたい場合や筋肉を扱うことをしたい場合は「整骨院」の名前の方が適していると、最近では「整骨院」を名乗る場合も増えてきています。

「接骨院」の先生と「整骨院」の先生の個人的で勝手なイメージ

「接骨院」と「整骨院」の先生の個人的なイメージですが、皆さんはどう思いますか?



接骨院の先生:
保守、真面目、実直、実力派、安心、厳格、オーソドックス、理論的、整形外科勤務歴、職人肌、基礎が完璧、「整形外科」寄り
整骨院の先生:
革新、新しい物好きで新しい機材、好奇心旺盛、自信家、感覚的、とりあえずいろいろやってみる実践派、事業拡大できる実業家、「整体」寄り
院の外の看板などを比べてみると私のイメージがわかってもらえると思います。
「接骨院」の看板は、落ち着いた感じで、小さく名前と受付時間と保険扱いくらいしか書いてないことが多いです。
「整骨院」の看板は、マークや色彩などが考えられており、宣伝が上手いなと思います。
ホームページでも、「整骨院」を名乗っているところは、いろいろ工夫していると思います。

とはいうものの、これは完全に私のイメージです。
院を開業するときに、どちらかを選ぶだけなので、実際には何の違いもありません

接骨院と整骨院は、打撲、捻挫、骨折・脱臼などの外傷を扱う

柔道整復師は、打撲、捻挫、骨折・脱臼などの外傷に対する専門家です。
ただし、骨折・脱臼は、緊急の場合の応急処置は単独で可能ですが、その後の加療を行う場合は、医師の同意を得る必要があります。

柔道整復師は、交通事故や無理な動作で起こってしまったケガの痛みなどの症状に対して、手術をしない方法(非観血的療法)で治療します。
健康保険を使って治療できるのは、上記のケガの場合に限ります。
リラックスするためのマッサージや慢性的な疼痛には、健康保険を使えません。

整体とマッサージ

世間には、「整体」や「マッサージ」という看板があふれています。
それに対し、接骨院や整骨院は、整体やマッサージをしているにも関わらず、看板は出していません。
正確には看板を出せないのです。
患者保護のために法律で決められた文言しか載せられません。
載せられるのは、以下のみです。
・柔道整復師である旨並びにその氏名及び住所
・施術所の名称、電話番号及び所在の場所を表示する事項
・施術日又は施術時間
・ほねつぎ(又は接骨)
・都道府県知事に開設の届出をした旨のこと
・医療保険療養費支給申請ができる旨
(脱臼又は骨折の患部の施術に係る申請については医師の同意が必要な旨を明示する場合に限る。)
・予約に基づく施術の実施
・休日又は夜間における施術の実施
・出張による施術の実施
・駐車設備に関する事項

これ以外のことは載せられません。
経歴すら駄目です。

患者保護と言いながら、実際には、世間に「整体」「マッサージ」の名前が町中にあふれている無法状態です。
マッサージも国家資格を取った者しか名乗れないのです。
「整体」が肩こりや頭痛に効果などと広告しているのに対して、「整形外科」「整骨院」「鍼灸院」は、専門的知識を持ちながらも宣伝できません。

そんな状況ですので、柔道整復師の中には、保険診療を諦め、宣伝しても取り締まられない整体に移行していく人も少なくありません。

このため、整体やカイロプラクティックの中には、実力のある柔道整復師など国家資格保持者も含まれている可能性があります。
昔のように、整体が無資格者で危険ということは、一概に言えない状況です。

改善の余地があるとは思いますが、現状はしばらく変わりそうにないとおもっています。
ただ、国会議員の中には、接骨院でもレントゲンを撮れるくらいのレベルアップを考えている人もいるようですので、期待したいと思っております。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る