医療&施術

痛み止めや頭痛薬で頭痛が起こる!?鎮痛薬乱用性頭痛とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
薬剤乱用性頭痛
       

腰が痛い、膝が痛い、頭が痛い・・・
整形外科でも内科でも、痛み止めをだされます。
整形外科で貰うシップも痛み止めの一つです。
市販でも、一箱に大量に入っています。

ですが、痛み止めは、使い方によっては危険な薬なんです。
その頭痛は、痛み止めのせいかもしれません。

頭痛薬の副作用で、頭痛がある!

NSAIDsとは?

頭痛薬や痛み止めは、解熱鎮痛剤と言います。

医療関係者は、NSAIDs(エヌセイド)と言っています。
NSAIDsは、Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugsの略です。
日本語では、非ステロイド性抗炎症薬です。

抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を有するステロイドではない抗炎症薬すべてを含みます。
病院でも市販でもあります。

有名なのは、
ロキソプロフェン「ロキソニン」
イブプロフェン「イブ」
ジクロフェナク「ボルタレン」
アスピリン「バファリン」
インドメタシン「インダシン」
アセトアミノフェン「カロナール」
などがあります。

解熱鎮痛剤(NSAIDs)の使われ方

頭痛、生理痛や喉の痛み、捻挫の際の痛み止めなどで使われています。
内服に加えて、外用薬のシップなどにもNSAIDsは使われています。

また、バイアスピリンを脳梗塞や心筋梗塞の予防に使う「血液サラサラ薬」として有名ですが、これもNSAIDの一種です。
アスピリンには、たくさん飲めば痛み止め、少量なら血液サラサラという、不思議な作用があります。
ですので、痛みが少ないから、小児用を使うとか、ごく少量にしておくというのは危険です。

解熱鎮痛剤(NSAIDs)の作用機序

NSAIDsは、シクロオキシゲナーゼを阻害することによって、アラキドン酸からプロスタグランジンが作られるのを抑制します。
プロスタグランジンには、炎症・発熱作用があるので、これが減少するので、解熱や鎮痛効果が出現するのです。

解熱鎮痛剤(NSAIDs)の副作用

NSAIDsの副作用で有名なのは、胃潰瘍など胃腸障害です。
ですので、わざわざ痛み止めを飲むのに、同時に他の胃腸薬などの薬を使うことになります。
防衛策として、食後に内服するのが良いです。

また、アスピリン喘息と呼ばれたりする、NSAIDs過敏症も知られています。

シップなどでは、光過敏症が現れ、シップの部分がただれたりすることもあります。

もちろん、肝臓障害や腎臓障害へもあります。
他の薬と同じで、薬疹、ひどい場合は、アナフィラキシーショックを起こしたりします。

薬物乱用頭痛

・月に15日以上頭痛がある。
・頭痛薬を月に10日以上飲んでいる。
・頭痛薬が効かなくなってきた。
・頭痛が以前よりひどくなってきた。
以上のように、薬を飲んでいるのに、頭痛がある場合、薬物乱用頭痛が疑われます。

こう書くと簡単なようですが、実際には、医師も患者も気が付かないことが良くあります。
というのは、痛み止めは、頭痛に関係してない場合にも処方されるからです。

特に、整形外科では、痛み止めとして、長期間の内服している場合があり、注意が必要です。
湿布薬の場合でも、副作用は起こる場合があります。

怖い薬と感じる方がおられるかと思いますが、月に10日前後までであれば、薬剤乱用性頭痛はないと考えられています。
実際、有病率は、疑い例も含めると約1%と言われていますので、100人に1人くらいですね。
少なくはないですが、多くもないです。

ただ、頭痛の中では、緊張型頭痛、片頭痛に次いで3番目と言われています。
頭痛を主訴に、神経内科を受診する患者の 5~10%が、この薬物乱用頭痛だっという報告もあります。
また、頭痛外来においてはその数はさらに多いと言われています。

ちなみに、女性が男性に比べて1.3倍多く、小児にもあります。

大丈夫と言われても、薬はなるべく使いたくないものですね。

うまく接骨院を利用する

接骨院では、鎮痛剤は使いません。ですが、痛みをとります。
薬が使えないスポーツでの施術をまとめたのが、柔道整復術です。
冷却や手技を駆使して、痛みをとるのです。
サービスでシップを貼る場合もありますが、接骨院のシップには、NSAIDsが含まれていません。

腰痛やむち打ちの治療で、接骨院を訪れてみるのはどうでしょうか?

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る