健康&疾患

足指のタコや魚の目の予防と治療には五本指ソックスが効果的だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

五本指ソックスは足の指にいい!

私事ですが、よく足にタコや魚の目ができます。
しかも、決まったところに。治ったと思っても、数か月後に再びできたり。
たまに痛みを伴ったりして、不快なことこの上ありません。
そもそも、なぜタコや魚の目ができるのでしょう?

タコや魚の目が足にできる理由

タコは、医学用語では胼胝(べんち)、魚の目は鶏眼(けいがん)と言い、どちらも
“皮膚が物理的に長期間圧迫を受ける”
ことが原因で出来ます。
タコは、物理的圧迫によって皮膚の角質が増え、固くなり、豆のようにぷっくりと盛り上がったもの、魚の目は、物理的圧迫によって皮膚が固くなり、中央部分に“芯”と呼ばれる角質の塊があるもののことを言います。
タコより魚の目の方が痛みを伴うことが多いです。
タコは体のどこにでもできますが(例:ペンダコ、座りダコなど)、魚の目はほぼ足にしかできません。
足にタコや魚の目ができるのとの原因としてよく挙げられるのが
・足に合っていない靴を履いている
・足の変形
・歩き方の異常
です。

自分にできるタコや魚の目はどの原因なのか?

足にできるタコや魚の目には、できやすい場所があります。
・足の指と指の間
・足の小指の外側
・足の指の背
・足の裏の足の人差し指と中指の付け根
・かかと
がその場所になります。
自分の足で、よくタコや魚の目のできる場所は

・足の人差し指の親指側

足の人差し指の親指側

・足の薬指の小指側

足の薬指の小指側

です。
まさに、足の指と指との間ですね。写真を撮った時点では、タコも魚の目もできていませんが、できていた場所は何となくわかってもらえると思います。
足の指と指の間にタコや魚の目ができる主な原因は、「先の細い靴を履いている」「小さめの靴を履いている」が主だそうです。
しかし、私は普段スニーカーを履くことが多く、サイズも小さいと感じたことはありません。
では、歩き方の異常なのか?これも、足の長さに差はありませんし、関節の異常などもないはずです。
と、なると足の変形が原因なのでしょうか?
足の小指の外側にタコや魚の目ができることが多ければ、内反小趾(足の小指が外側に曲がっている状態)と考えられますが、私の場合そこにはできないので、内反小趾ではないことはわかります。
足の指の背にタコや魚の目ができることが多ければ、ハンマートウ(足の指の関節が曲がってピョコンと飛び出している状態)と考えられますが、これもタコや魚の目のできる場所が違うので、私はハンマートウではなさそうです。
足の裏の足の指の付け根(特に足の人差し指と中指)にタコや魚の目ができることが多ければ、開張足(かいちょうそく)と考えられます。
開張足って聞きなれない言葉だと思います。開張足とは、足の親指と小指の付け根を結ぶラインがあると考え、そのラインの中央はアーチになっていなければいけないのですが、そのアーチがなく、足の指が横に広がってしまっている足のことを言います。
自分の足を観察したところ、あまりアーチがありそうに思えないことと、人差し指と中指の付け根部分が固くなっていることを考えると、開張足になりかけ?なのかもしれません。
そして、足の指と指の間にタコや魚の目ができることが多い場合の原因として考えられるのは、巻き爪です。
確かに、自分のタコや魚の目ができる部分を見てみると、足の薬指の小指側の部分には、足の小指の爪が当たっていますし、足の人差し指の親指側の部分には、足の親指の爪が当たっています。
このことから、自分の足のタコや魚の目の原因は、少し「開張足」気味なことと、巻き爪のコンビネーションだったと結論付けました。

クッションの代わりに五本指ソックス

今現在、自分の足はタコも魚の目もできていませんが、少し前にはできそうかも?という部分がありました。
そこで、そういう場合の予防策を調べてみると、市販の保護パッドを貼ると良いとのことでした。
市販の保護パッドは、5円玉のように真ん中に穴が開いたクッション性の高いスポンジで、絆創膏のように保護したい部分にぺたりと貼り付けるものがほとんどです。
でも、あまり貼り付けるタイプが好みではない私には向かないかな、と思い、他の方法はないかと考えました。
そこでたどり着いたのが、五本指ソックスでした。

【あす楽】【Tabio】 五本指ボーダーソックス / 靴下屋 靴下 タビオ くつ下 レディース 五本指ソックス 五本指靴下 5本指ソックス 5本指靴下 日本製

価格:864円
(2019/4/6 16:14時点)
感想(2件)


五本指ソックスなら、指と指の間にソックスの生地があるので、爪が直に皮膚に当たることもないんじゃないかと考えたのです。
結果、大正解!でした。
履き始めて約3週間、タコも魚の目もできる気配はないし、なおかつ足の指の皮膚が柔らかくなってきました。
足の親指の人差し指側がいつも固かったのですが(それもタコなのかもしれません・・・)、今はだいぶ柔らかくなって、自分で触ってもはっきりと違いが分かるようになりました。

足の親指の人差し指側

まさか、自分の足の写真をブログに載せる日が来るとは思わなかったので、以前の皮膚が固かった時の写真を撮っておらず、明確な違いをお見せすることができないのは申し訳ないのですが・・・。
とにかく、自分には五本指ソックスはとても合っていた模様です。

経過観察を続けてみる

今のところ、良いこと尽くしの五本指ソックスですが、なにせまだ履き始めて3週間足らず。今後何か気になることが出てくるかもしれません。
ですので、これから経過観察していきたいと思います。新しい発見などがあった場合は、また記事にしたいと思います。

BESTOD フットカバー 5本指靴下 メンズソックス ショートソックス くるぶし スポーツ ビジネス 通気防臭 5足セット

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る