旅行

傘は航空機内に持ち込み手荷物?預ける?国際国内線の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
航空機内に傘は持ち込めるのか
       

航空機内を持ち込めるかどうか、不安ですよね。
目的地の天気予報がをどうしようか思ったことがないでしょうか?

また、お気に入り又は高価な傘を捨てなくてはならなくなり、現地で余計な出費がないようにしたいものです。
そのための基準も知っておきたいものです。

今回は、飛行機への傘の持ち込みについてまとめました。



ふつうの傘は飛行機内に持ち込み可能

傘を航空機内に持ち込みたいことがありますよね。

例えば、

・荷物が少なく、「チェックインカウンターで預けて手元にない預入れ荷物」がない場合

・海外旅行でトランジットの空いた時間に観光しようと思った場合(目的地まで預入れ荷物はスルーで到着し、ピックアップなしの場合)

なんかが、考えられますね。

結論から言うと、ふつうの傘は機内に持ち込み可能です。
先端が鋭利など危険だと判断される場合は、持ち込めないこともあります。
できれば、機内に持ち込むのは、先端が金属で尖っている傘は避けたほうが良いでしょう。

折り畳みの小さい傘でなくても、普通の長さの傘1個は持ち込めます。
機内に持ち込めるのは、制限内の総重量以下の「手荷物」1つ、「身の回り品」1つまでと定められています。
その「身の回りの品」に、普通の長さの傘が入るのです。
身の回りの品には、
・ショルダーバッグなどの小型バッグ
・カメラ
・PCケース
などがありますので、普通の長さの傘(身の回りの品)を「手荷物」と別に持ち込むと、そのほかのものが持ち込めない場合もあるので注意です。

機内に持ち込める傘は、必ずしも一個だけではない

・普通の長さの傘は、1個まで(ただし、ほかの身の回りの品が持ち込めなくなる可能性がある)
・手荷物に折り畳み傘を入れる場合やショルダーバッグに入る場合は、別に一個じゃなくても良い
ということになりそうです。
傘は一個だけとだけ書かれているホームページを読んで、お土産の傘を諦める必要ありません。
でも、極端の多くの傘を持ち込むと危険とみなされ没収されるかもしれませんが・・・

傘は航空機預入れもできる

もちろん、問題なく預入れできます。

国内線と国際線で違いは?

航空会社や航空機により、「手荷物」の制限重量や大きさが決まっています
会社によっては、国内線と国際線(近距離と長距離)の制限重量が異なってる場合があります。

普通は大丈夫だとは思いますが、この重量及び大きさ制限により、長い傘や重たい傘は、「手荷物」では持ち込めず、「身の回りの品」として持ち込まなければならない可能性があります。

海外旅行の場合、「身の回りの品」であるカメラやショルダーバッグを持っていることも多いでしょう。

「身の回りの品」は、一個のみと決まっているので、傘は、「手荷物」に入る折り畳み傘にしておいたほうが無難だと思います。

また、LCC(格安航空会社)は、持ち込めないことはないですが、荷物に手数料がかかる場合があります。

まとめ

傘は、機内持ち込みも預入れもできます。
ただ、先端が鋭利な場合など、危険とみなされた場合は、機内には持ち込めません。
持ち込める数は、「身の回りの品」としてなら1本だけです。
ただ、ほかのショルダーバッグやPCケースと合わせての1個なので、ほかのものがない場合に限ります。
「手荷物」に入る小型の傘(折り畳み傘)なら、重量制限に引っかからない限り、複数持ち込めます。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る