パソコン・ネット

【詐欺メール】リンゴIDがロックされていると楽天からメールが来た件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

詐欺メールを見るのが面白くなってきた今日この頃

懲りもせず続々送られてきている詐欺メール

えきnet、au Pay、Amazonと色々な有名企業を騙る詐欺メールが送られてきましたが、今回は楽天を騙る詐欺メールがやってきました。

最近、今回はどんなことが書いてあるのだろうと、詐欺メールを読むのが面白くなってきました。
面白い上に、こうやって記事にもできますしね。

さて、今回も詐欺メールを晒していきますよ。

R a k u t e n Urgent から届いた詐欺メール

送信元の無駄なスペース すでに怪しさ満載

詐欺メールはこのようにして届きました。

楽天をローマ字表記してありますが、まず、何故Rakutenのすべてのアルファベットの前にスペースが入れられているのか?怪しいですねぇ。
ちなみに、本物の楽天から来るメールには、楽天マークがついていますし、楽天がアルファベット表記されている場合でも、スペースは一切入っていません。

そして、送信元のメールアドレスですが、R a k u e n Urgentからのものは

support-ghgz708205@mc.pikara.ne.jp

でした。
本物の楽天からのメールは、@以下に必ずrakuten.co.jpが入っています。

タイトルの「リンゴID」とは?

今回の詐欺メールで不思議ったのが、タイトルです。
今までの詐欺メールは、こちらの不安を煽るタイトルでしたが、今回のメールタイトルは
「【緊急】あなたのリンゴIDはロックされています  ID: RF1524645 」
というものでした。

IDがロックされている、ではなく、リンゴIDがロックされている…リンゴ必要かな?ミスしてリンゴって入れてしまったのかな?はて?
ここで、気づいたのです。

リンゴID = Apple ID

なのでは?と。
日本語翻訳で、Apple IDがリンゴIDになったんでしょうね(笑)。
iPhoneやiPad、Macユーザーであれば、Apple IDがロックされていたら確かに大変だし、緊急事態です、が、
我が家にApple製品は一切ない
んですよね。
あ、もしかしたら、楽天モバイルのiPhoneを使っている場合を想定したのでしょうかね?

送信ドメイン認証

送信ドメイン認証を使用と思ったのですが、なんと

認証ドメインはありません

と書かれていました…。

本物の楽天からのメールは、このように

「このメールは楽天グループ(外部サイト)より送信されていることが保証されています」
と書かれています。

詐欺メール本文

詐欺メール本文はこちらです。

さんざん、タイトルにリンゴIDとか書いておきながら、詐欺メール本文の1行目が

[Rakuten]アカウントの無効化について

ちょっと~、リンゴIDの件はどうしたの???
最初からいろんなことが破綻しすぎでは??

それに、ところどころ変なところにスペースははいっているは、ところどころ日本語がおかしいは、このメールで騙される人って本当にいるのか疑わしいくらいです。

リンク先検証

メール本文内に、リンクが貼ってあったので、そのリンク先アドレスを見てみました。

① https://cutt.ly/nSs8439?SSL=nx2xhk

② https://cutt.ly/FSs8805?SSL=vgotabr8

③ https://cutt.ly/nSn8439?SSL=r4qmx2w

④ https://cutt.ly/pSs4yjO?SSL=lxlb

⑤ https://cutt.ly/pSs4yjO?SSL=nerw2pd

となっていました。
確実に楽天のリンクではありませんね。

注意喚起になれば幸い

今回の詐欺メールは、すごく雑なものだったので、騙される方はいらっしゃらないとおもいますが、注意喚起になればいいなと思い記事にしました。

あの手この手で送られてくる詐欺メール、引っかからないようにしっかり注意しなくてはいけませんね。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る