未分類

詐欺メイクは有り?無し?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
詐欺メイク
       

詐欺メイクは有り?無し?

女性誌には大概メイクの仕方や、コツのページがあり、化粧品会社は毎シーズン新しい化粧品を発売していることでもわかるように、世の女性の多くはメイクに興味があります。
しかし、あまりにメイクのテクニックが上達すると、それは「詐欺メイク」と呼ばれるほどになります。

詐欺メイクとは?

いわゆるすっぴんの時と、メイク後が詐欺のように違うので、詐欺メイクと呼ばれるようになったようです。
メイクをするしないで印象が変わるのは当たり前のことなのですが、その差があまりにも激しいと「詐欺メイク」と呼ばれてしまいます。
最近その詐欺メイクで有名なのが、お笑い芸人ゆにばーすの「はらちゃん」です。
そのメイク技術は素晴らしく、すっぴんの時は一重瞼なのですが、メイク後はおめめぱっちりの二重瞼に!同一人物とは思えない変身っぷりなのです。
そのメイク技術に目を付けたVOCEwebがVOCEchannelに「はらちゃん」のメイクプロセスの動画をアップすると、なんと1か月100万以上のアクセスがありました。
みんなどうやったらあれほど変わるメイクができるのか興味津々と言うわけです。
Youtubeでは自分の詐欺メイクビフォアーアフターを投稿する人も増えており、どれも驚くほどメイクの技術が高いのです。
「かわいく出来上がったメイク後の自分」だけでなく、すっぴんの自分を見せてもOKという人が増えているんですね。

「詐欺」という言葉に見るネガティブイメージ

しかし、「詐欺メイク」と呼ばれるだけあって、ネガティブなイメージもまだまだあるようです。
特に男性は「すっぴんの方が好き」「薄化粧のほうがいい」という意見が根強く残っており、詐欺メイクに否定的な意見が多い傾向にあります。
最近の「かわいい顔」に欠かせない「ぱっちり二重」にするために、アイプチと呼ばれるテープを瞼に貼り、強制的に二重瞼にしていると、瞼を閉じた際にそのテープが見えてしまいとても不自然に思う、とか、つけまつげがバサバサしていてちょっと・・・とか、カラコンが怖いなどといったような声が聞かれます。

女性にとっては「詐欺メイク」は楽しみ

一方、女性の意見で多いのは、「メイクで変わるのが楽しい」「コンプレックスを解消できる詐欺メイクは救い」とポジティブな意見が多いのです。
整形手術など自分の体にメスを入れることなく、簡単に脱着できるアイプチやつけまつげ、カラーコンタクトでかわいさや美しさをアップすることができる詐欺メイクはむしろ健全にかわいくなれる方法ととらえられているのです。

詐欺メイクとは違う詐欺

詐欺メイクの他に「詐欺」と呼ばれているのが、いわゆる写真加工アプリです。
肌の色を白くしたり、眼を大きくしたり、フェイスラインをほっそりしたり。アプリは日々進化を遂げています。
SNSに自分の写真載せる機会が多い今、より可愛く、より美しく写真に写りたいと思うのは(特に女性なら)あたりまえの心理です。
しかし、これも人によっては別人級にまで加工してしまい、詐欺と言われてしまいます。
やはり、加工アプリを使うことについても男性は否定的な意見が多いように見受けますし、女性は肯定的な意見が多いように見受けます。

男性からすると、可愛い、きれいと思って会ったら全然写真と違っていたら失望するので、詐欺メイクや加工アプリに否定的な意見が多いのでしょうか?
男性が思う可愛さ・美しさと、女性が思う可愛さ・美しさに乖離があるのが意見の違いとなるのでしょうか?
皆さんは身近な人が「詐欺メイク」するのは賛成ですか?反対ですか?

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る