未分類

パナソニックドラム式洗濯機で電源が途中で切れる時に私がしたこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
パナソニックのドラム式洗濯機排水溝
       

パナソニックドラム式洗濯機で、電源が途中で切れる時に第一に考えること

パナソニックのドラム式洗濯機が時々止まる

我が家では、パナソニックのドラム式洗濯機を使用中です。
ドラム式だと中でグルグル回っているのが見れて楽しいですよね。
縦の洗濯機の水流を見てるのも楽しいですけど、中がのぞけるドラム式の方が良いかな。

その洗濯機が、勝手に止まるようになりました。
終わったころに行くと、電源が切れていることが数回、断続的にありました。
エラーがでるわけではなく、電源が切れているんです。
そして、再度、電源を入れなおし、普通に最初からスタートすると何事もなかったように洗濯できます。

大手量販店で10年保証だったから、修理依頼しようかと考えていました。
高かったし、古くはないので、まだまだ修理しても使えるだろうと思っていました。

でも、一応、修理の前にネットで調べてみました。
もし頻繁に起こっているようなら、リコールがでてるかもしれないしと思ったのです。

そこで得た答えは、ドラム式は故障と思ったら、まずは、排水溝を掃除しろ!でした。

ドラム式洗濯機は、排水がつまりやすい

ドラム式洗濯機の利点と欠点

ドラム式洗濯機は、少ない水で洗える節水が利点です。
しかし、その分、排水の流れが悪く、つまりやすいのです。
ですので、故障かと思ったら、まずは排水溝の掃除です。

半信半疑であけてみたら、排水溝がすごい状態に

排水溝を開けてみました。
すると、どぶの様な臭いが漂い始めました。
まあ、排水溝なんて、そんなものですが。

写真をアップしようかと思ったけど、さすがに汚いのでやめました。
というくらい、写真から臭ってくるくらいの汚さでした。

そして、排水溝の中からは、灰色のドロドロのものが髪の毛などと混じってとれました。
直に下におちていかないようなシステムになっているらしく、その隙間にぎっしり詰まっていました。

そして、排水ホース。
水を流すと、後から後から、灰色の毛玉みたいなのがたくさんとれました。
ホースの中は、すべて毛玉だったと思えるくらいでした。

パナソニックのドラム式洗濯機

上の写真、かなり後の方の写真です。それでも、大きなのがぼこっとでてきます。

私は、道具がなかったので、シャワーの水圧だけで流しました。
でも、できれば、ちゃんと分解するか、長いたわしみたいなので洗った方が良いと思います。

ドラム式洗濯機の場合、排水溝は定期的に掃除すべし

フィルター掃除だけではだめ

排水フィルターの掃除は、しっかりしていました。
そして、時々、洗濯槽クリーナーも使っていました。
それでも、排水ホースや排水溝が詰まるのです。

故障の防止にも、しっかり、排水ホースや排水溝の掃除を定期的にするべきです。
そうしないと、ドラム式の場合、トラブルが起こる確率が増えますよ!

とりあえず、修理を頼む前で良かったです。
修理の人の前で、恥ずかしい思いをするところでした。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る