選挙

山口節生氏の経歴・プロフィール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
山口節生  安中聡 池田千賀子
       

山口節生氏のプロフィール

新潟県知事選挙に立候補予定となっていますが、過去には、2011年埼玉県知事選挙や2014年東京都知事選挙のように、直前まで出馬する準備を進めていた選挙も数多くあります。
記憶に新しいのは、2016年7月6日、記者会見をおこなって、東京都知事選挙への立候補を表明したものの、告示日に届け出は行いませんでした。
それらの選挙では資金不足などを理由に出馬意向の撤回を行っています。
新潟県知事選挙も、結局、立候補しなかったようです。

山口節生氏のプロフィール

山口節生氏について、調べてみました。

山口節生氏は、1949年9月26日生まれで、佐賀県出身です。
年齢は、現在68才です。

それでは、最初に学歴を見ていきましょう。

佐賀県立佐賀西高等学校卒業

一橋大学商学部卒業

東京大学経済学部卒業。

中央大学法学部二部法律学科卒業。

早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了

日本大学大学院法学研究科政治学専攻博士後期課程指導認定満期退学

(満期退学というのは、文系だと良くある話だそうです。
理系だと、直ぐに博士論文を書いて博士になれるのですが、文系だと教官でも持っていなかったりするようです。)

いろいろな大学でいろんなことを学んでいますね。
前知事は、同じ大学でのいろんな学部や大学院での学歴だったことを考えると、いろんな校風で学んでいるというのは、多様な価値観という意味では良いのかもしれませんね。

次は、職歴です。

1974年4月、三菱信託銀行(現・三菱UFJ信託銀行)に入行しています。
その三菱信託銀行では不動産鑑定業務に携わっていたようです。

1977年に三菱信託銀行を退職しています。

佐賀県立伊万里商業高等学校商業科教諭
佐賀県立有田工業高等学校英語科教諭
佐賀県立鳥栖高等学校英語科教諭

1986年に高校教諭を退職しています。

1990年に不動産鑑定士資格を取得しています。
不動産鑑定業務などを主とする有限会社日本経済研究所を設立しています。

職歴と学歴がかぶさっていますが、同時並行で勉強したようです。

賞罰として、2012年12月、駐車違反の供述調書をやぶり、公用文書毀棄罪で逮捕されているようです。
2014年に、さいたま地裁から懲役8カ月の実刑判決を受け、2015年に実刑が確定しました。
このため、2015年4月に行われたさいたま市議選で、立候補時点ではあった被選挙権が、公民権停止となり、被選挙権がなくなってしまったため、立候補の届け出を却下されています。供託金は没収となっており、期日前投票で山口氏に投ぜられていた票は無効となっています。

カッとなりやすい人なのか、めちゃくちゃな取り締まりにあったのか、どうなんでしょうね。
演説活動中に逮捕されたという情報もあり、普通やらないことですが、調書を破いた他の例でもこのような扱いになるのか、疑問ではあります。

そして、政治活動選挙結果です。

1991年の佐賀県知事選挙への立候補を皮切りに、選挙に立候補し続けています。
ただ、これまでの選挙のほとんどで供託金を没収されている状態ですが、唯一、2011年の埼玉県議会議員選挙で供託金が返還されました。
そして、その流れで善戦するかと思われた2015年4月12日のさいたま市議会議員選挙では、懲役刑が確定、被選挙権がないとして届け出を却下されています。

ちなみに、国政選挙9回、知事選挙5回、都道府県議会議員選挙4回、区市町村長選挙3回、区市町村議会議員選挙2回の立候補となっています。
国政選挙の供託金は、選挙区で300万円、知事も300万円です。
選挙は供託金だけで、5000万円は使っています。
これだけ、お金があるなら、地元でうまく使えば、簡単に議員になれそうだと思いませんか。

米山隆一知事の辞職表明に伴う新潟県知事選挙2018の候補者

【新潟県知事選挙2018】安中聡氏の経歴・プロフィール

【新潟県知事選2018】花角英世(はなずみひでよ)氏の経歴・プロフィール

【新潟県知事選挙2018】池田千賀子氏の経歴・プロフィール

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る