整骨院の健康保険適応の料金のめやす

松阪市整骨院受付

整骨院の健康保険適応の窓口自己負担額

松阪こた堂接骨院では、健康保険を使用することができます。
健康保険の適用となるのは「急性」「外傷性」のケガのみで、法律では、以下に限られます。
●ねんざ  ●打撲  ●挫傷(肉離れ等) ●骨折  ●脱臼
簡単に言うと、突然の痛みに対応することになります。たとえば、ぎっくり腰、寝違い、四十肩の突然の痛みなどになります。

慢性の痛み、マッサージ、医療機関との併用では、健康保険は使えませんので、ご了承ください。
ただし、会計の段階になって、健康保険が使えませんということはありませんので、ご安心ください。保険が使えない場合は、あらかじめ面接の際に患者様に伝え、施術を受けられるかどうかは、患者様が選べます。その場合、料金はいただきませんので、安心して、ご相談ください。

松阪こた堂接骨院では、保険診療の際に、カウンセリング料、検査料、自由診療と称して、料金体制を不明瞭にして請求することはございません。
松阪こた堂接骨院では、保険診療の場合、年末調整にも使える厚労省が指示している通りの正式な領収書をお渡しします。

以下が、料金が目安になります。

★初回
1割負担 240円から(320円が目安)
2割負担 470円から(640円が目安)
3割負担 710円から(960円が目安)
★2回目
1割負担 100円から(160円が目安)
2割負担 200円から(320円が目安)
3割負担 300円から(490円が目安)
★3回目以降
1割負担 60円から(120円が目安)
2割負担 120円から(240円が目安)
3割負担 180円から(370円が目安)

交通事故労災は、基本的には自己負担がありません。

交通事故

交通事故で自賠責保険適応になる場合、基本的には、当院での自己負担はありません
ただし、昔の事故の後遺症などは、自由診療になり窓口負担があります。

当院で、最初から治療を受けたいとおっしゃられる患者さまがたくさん来院されます。
しかし、そういった患者様にも、当院では、最初は整形外科受診もおすすめしています。
というのは、診断書を警察に提出しないと、「人身事故」にならないからです。
診断書は、整形外科でレントゲンを撮ったりして、医師から発行してもらいます。
(警察に診断書を提出しないと、「物損事故扱い」となり、怪我の治療に対する賠償を受けられなくなる可能性があります。)

こういったアドバイスもさせていただきますので、交通事故で不安に思ったらときには、松阪こた堂接骨院にご来院ください。

整形外科で診断書をもらい、警察に届け出た後は、患者様のご自由になります。
整形外科にそのまま通院しても良いですし、接骨院にかかられても良いです。
患者様に選ぶ権利があります。
当院では、整形外科を紹介したからと言って、こちらにも通院を無理強いしません。
しかし、多くの患者様が当院を選ばれております。

というのは、一般に整形外科は待ち時間が長く、痛いのに何度も通えないのです。
松阪こた堂接骨院では、時間に融通が利き、待ち時間が少なく、じっくり治療できます。
行きたい時間や日にちに、待ち時間なく治療することができます。
通院回数が多くなる場合、痛みをとりたい場合に大変便利です。

整形外科から接骨院に転院したい場合や併用したい場合、保険会社に当院にかかることをご連絡ください。
これだけで、転院できます。難しい手続きはいりません。
わからない場合は、当院でも手伝わさせていただきます。

また、交通事故では健康保険を使えないと言われることもありますが、健康保険を使うほうが患者様の得になる場合もあります。
その場合は、健康保険の保険者に第三者行為の届け出が必要になります。

労災

通勤中や仕事中のけがは、労災の適応となります。
健康保険が使えません。
会社に言っていただき、労災の用紙に記入することになります。

スポンサードリンク