交通事故

【松阪市・ムチウチ】松阪市でむちうち治療の口コミ人気整骨院とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
交通事故のむちうち
       

交通事故によって、首がむちのようにしなったために起こった症状が、むち打ち症です。
むち打ち症は、一般には知られた名前ですが、正確な医学用語ではなく、さまざまな症状や病態が含まれています。

交通事故のむちうちの原因や症状、治療は?

むち打ちの症状

むち打ちの症状や程度は、患者さまによって様々です。

・首、肩、背中、肩などの痛み、こり、はり
・首がまわらない、上肢の動きが悪くなる
・頭痛、めまい、耳鳴り
・吐き気、食欲不振
・手足のしびれやふるえ、脱力感、集中力低下 など

これらの症状は、事故当日から出現することもありますが、当日は興奮状態のため症状がほとんど見られず、翌日あたりから現れることも多いと言われています。

むち打ちの診断

症状はあっても、その原因を客観的データを示すのは難しくなっています。

むち打ちの原因には、関節や靭帯を包む関節包、筋、椎間板、椎間関節、後根神経節など、さまざまな部位の損傷が考えられます。
これらの損傷は、レントゲンではうつらず、MRIでも微細な損傷を発見するのは難しいと言われています。
このため、客観的に証明するのが難しいのです。

むち打ちの発生機序

交通事故で衝撃をうけた際に、椎間関節が非生理的に動くことによって起こるのは間違いないなさそうです。
ただ、どのような損傷をするのかは未だに明らかにはされていません。

どうして時間差で症状が起こってくるのか?

むち打ち症の特徴として事故直後には、痛みがないことが多いです。
数時間あるいは数日後になって症状が出てくることに対して、いろんな見解があります。
簡単なのは、興奮状態で、痛みがわからなかったという説。
滑膜組織説では、椎間関節にある滑膜ヒダや椎間板の繊維輪の損傷によって、滑膜組織に炎症が起き、数時間後から疼痛や炎症、首の伸展可動域制限などが起こるという説。
頚椎の関節は交感神経とも関係しており、自律神経系の症状が、直接または間接の刺激で出現するという説があります。
また、有名なのが、脳脊髄液減少症です。
これは、事故の衝撃により、脳脊髄液を囲っているどこかが損傷し、脳髄液がゆっくり漏れだして、様々な症状を併発してしまうのです。

頚椎捻挫

むちうちの大部分が「頚椎捻挫」の病名がつけられます。
頭部を支える首を負傷することで、首・肩・背中の痛みやこりやハリが発生します。

バレー・ルー症状型

衝撃が自律神経まで傷つけた際に発症するものを「バレー・ルー症状」と言います。
自律神経を傷つけた症状として、めまい、耳鳴り、息苦しさなどが起こります。

神経根症状型

脊椎からは神経がでていますが、これが引き伸ばされたり、圧縮されて、障害をうける場合があります。
その神経が関連する身体の各部位にしびれを感じたり、脱力感の症状が出ます。

脊髄症状型

直接、脊髄まで損傷してしまうと、体にマヒが残り、知覚障害や歩行障害を起こしてしまいます。
歩行障害まであると、さすがに「むち打ち」とは違うかもしれませんが、軽いものはむち打ちの症状となります。
そして、後遺障害として残る可能性があります。

脳脊髄液減少症

酷いむちうちの原因として、有力視されているのが、この脳脊髄液減少症です。
事故の衝撃により、脳脊髄液を囲う膜が傷つき、徐々に脳脊髄液が漏れだして、脳脊髄圧が下がります。
これにより、脳ヘルニアなどが起こる可能性もあります。
症状としては、倦怠感、めまい、全身の痛み、場合により脳神経系(視力や味覚障害)にも影響が出ることがあります。

軽度外傷性脳損傷

脳に軽い損傷を受けると、身体の麻痺や高次脳機能障害を発症する場合があり、これもむち打ちの原因として考えられています。

むち打ちの検査や治療

以下のような神経系の症状や疑いがある場合は、交通事故後すぐに救急車を呼ぶべきです。
・首を強打したり、強いむち打ち状態の時
・首が痛くて動かせない
・手足が動かせない
・手の握る力が弱い
・手がしびれる
・感覚がよわい

動かすとさらに神経を損傷する可能性がありますので、頭や首を無理に動かさないようにします。
倒れているのなら、そのままの状態がベターと言われています。
救急車が到着すれば、救急隊員が頸椎を固定し、病院へ運んでくれるでしょう。
自分で「整骨院」には、連れて行ったり、行ったりすることがないようにしてください
交通事故を専門としているような整骨院の広告がたくさん出ていますが、まずは病院です。

病院では、レントゲン、CT、必要に応じMRIなど、画像診断をします。
神経症状がある場合は、ステロイドの使用などもあります。
そして、患部を安静にします。(頸椎カラーなどで固定など)
事故日から2週間ほどは患部に腫れや炎症があることがあり、マッサージなどをすると悪化する可能性があります。

ただし、固定期間が長くなると、周囲の筋肉が固まってしまい治りにくい状態になってしまいます。
身体の状態を見ながら、適切なタイミングで治療を始めることで、効果的に痛みを取り除くことができます。

リハビリは、接骨院でするのが良いと言われています。
この段階にくれば、接骨院の通院は可能です。むしろ、接骨院の方が良いとも言われています。
通院が簡単で、待ち時間がないため、病院で1か月に1~2回で経過観察をしてもらいながら、接骨院に治療間隔をあけずに通いましょう。
接骨院では痛みで辛い時に、治療が受けられないということにならないように、患者さまのご都合に合わせることができます。
痛みのある時には間隔をあけずに、十分に治療を受けることが症状緩和の近道です。

接骨院でも、問診で患者様の症状を把握し、その上でむちうちの治療・リハビリ・後療法などの開始や期間を決めていきます。
ただし、医師が安静と言っている間は、加療できませんので、医師と相談しながら、接骨院に通うことになります。
接骨院では「何でもマッサージ、何でも矯正」と思われがちですが、安静が必要な時は手を加えません。

患者様の 生活の質を落とさないよう、現在の症状に対してだけではなく、その後の経過も視野に入れながら治療方法を決定していきます。
手技によるマンツーマンの治療は、患者さまの症状を確認しながら行えるので、オーダーメイド治療と言われています。
また、雑談の中にもちょっとした症状がヒントが隠されている場合もあります。

むち打ちの補償

むち打ちの症状は、数か月以上続くことがあります。
しかし、レントゲンなど客観的な証拠がないので、保険会社の担当者によっては、
「レントゲン上の異常がないから、心理的なものじゃないの…」と患者さんに治療の中止を求めてきたりします。
実際の臨床上でよくある症例でもありますので、これを証拠がないということで片付けられてしまっては、痛みに悩む患者さんに泣きっ面に蜂です。
また、治療が長くなってくると、保険会社から「そろそろ症状固定してください」と言われ後遺障害診断書が送られてきたり、突然に「治療費を打ち切ります。」と言われるケースがあるようです。
症状固定は、保険会社が勝手に決めることではありません。
症状固定は医師が診断することであり、そのタイミングは被害者自身と症状経過を見てきた医師とが一緒に決めるべきことですので、整形受診をやめるべきではありません。
もっとも、医学的な症状固定と保険会社の症状固定が異なり、裁判となる場合もあります。

ただ、3か月から半年で、症状固定となることがほとんどです。

むちうちになった場合に後遺障害の等級認定を受けるためには以下が必要です。
病院へ通院が継続している
症状の訴えが、連続性・一貫性をもっている
症状がそれなりに重篤で、常時性が認められる

後遺障害が残る場合もありますので、整形外科の定期的な経過観察をやめないでください。
通院をやめると、医師が後遺障害の診断書を発行しにくくなります。
後遺症が残る可能性があるときは、整骨院だけにかかるのは止めた方が良いです。

補償は、自賠責基準や任意保険基準や裁判基準などとわかれていますが、基本的に相手は安く見積もってきます。
被害にあった上に、金銭的なダメージも受けないように対応しなければなりませんね。

松阪市でむち打ちなら松阪こた堂接骨院

松阪市・多気郡・津市・伊勢市・で交通事故治療でお困りの方へ

松阪市近郊で交通事故にあわれて、お困りの方は、松阪こた堂接骨院にご相談ください。
整体やカイロプラクティックでは、自賠責保険がききません。
当院をはじめ、接骨院では、自賠責保険適応なら窓口負担がありません。
また、通院期間は、慰謝料などに反映されます。
松阪こた堂接骨院をはじめ、接骨院の受診をおすすめします。
(ただ、整骨院だけに通うと後遺障害が心配ですので、整形外科も定期的に通う必要があります)

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る