選挙

三日月大造氏の学歴・経歴などプロフィール【滋賀県2018】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
滋賀県知事選 三日月大造
       

現知事の三日月大造氏の学歴や経歴などを調べてみました。

三日月大造(みかづき たいぞう)氏のプロフィール

三日月大造氏は、1971年(昭和46年)5月24日は、滋賀県大津市出身です。
現在、46才(5月24日から47才)になります。

それでは、学歴から見てみましょう。

滋賀県立膳所高等学校
一橋大学経済学部卒業

次に職歴及び政治活動です。
1994年、JR西日本入社
広島支社配属、岩国駅営業係、広島運転所(運転士) 、広島支社営業課営業スタッフ、本社総合企画本部グループ経営推進室勤務など
1999年 西日本旅客鉄道労働組合中央本部青年女性委員長、日本鉄道労働組合連合会青年・女性委員会議長
2002年にJR西日本退社、松下政経塾に入塾(第23期生)

2003年11月、第43回衆議院議員総選挙に民主党公認で滋賀3区から出馬し、初当選
2005年9月、第44回衆議院議員総選挙 再選
2009年8月、第45回衆議院議員総選挙 3選
9月、鳩山由紀夫内閣で国土交通大臣政務官
2010年6月、菅内閣で国土交通副大臣
9月、民主党国会対策筆頭副委員長
2011年9月、民主党税制調査会副会長
2012年6月、裁判官訴追委員会第二代理委員長
12月、第46回衆議院議員総選挙 自民党の新人に敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、4選
2013年1月、社会保障と税の一体改革調査会事務局長
9月、民主党副幹事長及び国会対策委員長代理

2014年5月、民主党を離党
7月、滋賀県知事選挙に当選、現滋賀県知事

さて、政策などです。
嘉田前知事が掲げていた「もったいない県政」や「卒原発」を継承する政策をあげて、県知事に当選しています。

国会議員時代には、「永住外国人への地方選挙権付与に賛成」の立場でした。
また、「日韓議員連盟」や「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」などに所属していたという情報もありました。
(ただ、ご本人の公式ページでは、「日韓議連」に関しては現在もあるのですが、「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」に関しては、知事になった時にやめているようです。)

上記のように民主党だったようですが、今回の選挙では、自民党滋賀県連が支援する方針を決めているようです。
自民党が求めていた大戸川ダム(大津市)の建設凍結見直しなどで、歩み寄りがあったことを評価したとなっていますが、自民党は他の候補では勝てないと判断するくらい選挙に強いようです。

プライベートは、家族は妻、2男1女だそうです。
好物は、キウイフルーツ・トンカツ・ふな寿司だそうです。鮒ずしとは滋賀ですね!

他のプロフィール

近藤学氏の学歴・経歴などプロフィール【滋賀県】

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*