未分類

三重県 松阪市 整骨院と検索すると村上脱税と予測されるが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
整骨院松阪市村上脱税
       

松阪市 整骨院と検索すると「脱税」や「村上」が予測される

2017年三重県松阪市の整骨院経営者が所得税法違反で津地方検察庁に告発された

三重県松阪市の整骨院経営者(当時32)が、所得税約5500万円をのがれたとして、所得税法違反容疑で名古屋国税局が津地検に刑事告発しました。
自賠責保険から支払われた保険金の収入を隠した罪です。
名古屋国税局は、2016年3月に強制調査に入っていました。
俗にいう、マルサってやつです。
整骨院経営者は、2012年11月ごろから松阪市で整骨院をはじめ、2015年10月に法人なりしました。
整骨院経営者は、2015年までの3年間で、自賠責保険により損害保険会社から得た約1億5000万円を健康保険とは別の口座に振込ませ、申告から除外する手口で脱税したとのことです。

自賠責保険から振り込まれたのは、主に交通事故患者に対する施術によるものでした。
隠した収入は、ほぼ全額が口座に残っており、すでに修正申告をして、全額納税したそうです。

脱税事件のネット民の反応

ネット民の中には、あまりに巨額なため、受診事実や事故事実から疑うべきだとの声もありました。
つまり、「通院した日を水増ししている」「患者もグルでは」などの指摘もありました。
実際に、そう思う人がでるのも当然で、暴力団と整骨院が癒着して、架空請求など違法行為をしていたとして、柔道整復師が逮捕される事件が発生しています。
しかし、現在に至るまで、この件に関しては、そういった詐欺行為については、発表されていません。
あくまで、脱税のみで告発されています。

ネット民の言うように患者の調査なども必要だとは思いますが、保険会社は、そういう調査は既にしているはずです。
もし、調査などはしてなくても、名前がでてしまった以上、厳しく見られるのは間違いないのでしょう。

この件のネット民の反応を見て、我々整骨院業界は、あまり良い目で見られていないなと残念な気持ちになりました。
ただ、実際、脱税や詐欺などを働く輩がいるのも事実で、一緒に見られるのは嫌だなと思います。

交通事故にあった時には、整形外科と接骨院の併用がお得

それでは、交通事故被害者が、どうして整形外科ではなく、接骨院や整骨院にかかるのでしょうか?

被害者は、まず整形外科にかかります。診断書を貰うためです。
そして、後遺障害証明を貰うために、定期的に通院します。

ただ、整形外科は非常に混んでいて、通院に時間がかかりますし、整形外科の指示は、重症でなければ、毎日通院ではないでしょう。

接骨院への通院も、補償の通院にカウントされます。
そこで、交通事故のリハビリなどができる接骨院にほぼ毎日通うのです。
(1か月に半分通うと、1か月通ったのと賠償的には同じになります。)

つまり、整形外科と接骨院にかかると、その分、通院期間が増えて、被害者の補償額が大きくなるのです。
しかも、接骨院では、待ち時間が少なく、自分の思う時間や日に通院でき、整形外科よりもじっくり治療してもらえます。
対応もVIP待遇なはずで、被害者の患者さまは悪い気はしないのでしょう。

このように接骨院で治療したほうが、通院日数などで被害者が有利になることが多いので、整形外科と接骨院を併用する患者が多いのです。
そういった面では、「患者もグル」というネット民の言い方は悪いですが、あながち間違ってはないですね。
でも、彼らが想像している架空事故とか、暴力団関連の事件とは全く異なります。

まとめ

脱税事件はあったが、修正申告済み。
今後、正しく納税することを誓っている。

この事件からわかったことは、接骨院に交通事故で行くと、被害者がめちゃめちゃ得ってこと。
整形外科と接骨院の併用が補償的に有利なので、患者は、接骨院を選ぶということです。

   
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る